MENU

排卵検査薬は薬局で買えたのに

 

排卵検査薬を薬局で購入したものの、まだまだ使用するまでも無いのではないか…

 

そのように思われている方もいるでしょう。

 

昔から信頼できる方法として基礎体温があります。

 

基礎体温ももちろん効果的ではありますが、排卵検査薬が支持されている理由はいくつかあります。

 

排卵検査薬というのは排卵日の兆候を予想する方法になります。

 

排卵日に陽性が出るものであると思われている方も多いでしょうが、直前に最も高い数値が出ます。

 

排卵日の直前になると陽性の反応が出ます。

 

排卵検査薬の仕組みは一般的には黄体形成ホルモン濃度によって検査をします。

 

排卵予定日の直前になると体内は黄体形成ホルモンでいっぱいになり、濃度が急上昇していきます。

 

そして尿の黄体形成ホルモンの濃度が非常に高くなります。

 

排卵検査薬においては、この濃い状態の応対形成ホルモンを検知して陽性を出すので黄体形成ホルモン濃度によって検査をします。

 

排卵検査薬には2つの種類があります。

 

アナログ式とデジタル式です。

 

どちらも尿をかけて検査することには違いありませんが、アナログ式というのは結果が安定します。

 

デジタル式はイラストや文字で表示されるのでわかりやすいのです。

 

見た瞬間に陽性か陰性かが分かるのでとても便利です。

 

 

排卵検査薬が購入しやすくなった理由

 

セックスレスって、昔は女性が男性を拒否するっていうことが多かったけど。

 

今の時代は、女性の方が迫って、男性の方が逃げるなんてことが多いんですよね。

 

または、夫婦共働きで、お互いにやる気がないとか。

 

排卵検査薬が第一類医薬品になって購入しやすくなったけど、結局仲良し行為がなければ、妊娠することはできません。

 

セックスレスの場合が、妊活にとっては一番問題かもしれません。

 

昔は排卵検査薬が第一類医薬品ではなかったので、ドラッグストアで売っていなかったけど。

 

最近は簡単に入手できるようになったから、効率良く子供を作ることもできるようになりましたね。

 

最低限の回数で、効率良く子作りをするのであれば、やっぱり排卵検査薬はすごく有効だと個人的に感じます。

 

ただ、排卵日がわかっても、女性はあんまり男性に「排卵日だから今日しよう!」なんて、デリカリーのない発言はやめた方が良いですね。

 

男性だって、義務感があると、やる気をなくしてしまいます。

 

ムードは、いくら年をとっても、大事なことだと思います。

 

排卵日がわかっても、それは心の内で留めておき、上手く誘うようにした方が良いですね。

 

子作りの義務化ほど、嫌なものはないと思います。