排卵日検査薬を朝一で使用して排卵のタイミングを掴む

 

女性は一般的に28日程度に1回排卵があるといわれてます。

 

しかし、それはとても曖昧なもので、28日ではなく30日の人もいれば35日の人もいるといったように、個人差が大きなものです。

 

さらに、疲労やストレスなどのちょっとしたことで簡単にサイクルは乱れてしまうものなので確実なものとも言い難いものです。

 

そのサイクルを把握して、排卵日を特定することは、妊娠を望む場合であればその最良のタイミングを掴むことができるようになりますし、逆の場合であれば避けるべき時期や注意すべき時期が分かります。

 

産み分けなどを考えている方にとっても排卵日の把握はとても大切なことなのです。

 

この排卵日を特定するうえで役立つのが排卵検査薬です。

 

排卵検査薬は黄体形成ホルモンの分泌量を測定する検査薬で、検査薬に尿をかけたり浸すことで排卵日を測定でいます。

 

黄体形成ホルモンは排卵直前に急上昇します。

 

それを調べることによって排卵日を特定できます。

 

排卵検査薬は日本製から海外製まで様々なタイプがありますが、基本的には使い方は大体同じです。

 

反応が良い悪い、判定が分かりやすいかどうかなどはありますが、それは種類ごとの違いですのである程度は口コミや情報を仕入れておくようにしましょう。

 

 

男性もブライダルチェックで妊活?

 

結婚を考えていて、赤ちゃんのことも考えたいなと思っている方には、カップル揃ってブライダルチェックをおすすめしたい。

 

ブライダルチェックでは、血液検査による感染症のチェックとか、女性はホルモンの状態、男性は精子の状態を検査することも可能なんだとか。

 

不妊の原因は、男性にあることも結構あるみたいだし、女性の本音としては、男性も積極的にブライダルチェックを利用してほしいところ。

 

男性に原因があれば、早めに男性の妊活が必要になってくるしね。

 

妊活の背景

 

妊活という言葉は、就活といった言葉に比べると、かなり最近から聞くようになったように思う。

 

その背景にあるのは、女性の晩婚化と社会進出。

 

それによって、初産の年齢が35を超えることが増えたかららしい。

 

35歳での出産と言えば、自分の親世代で言えば、高齢出産の部類の方。

 

今では、40過ぎて出産する女性もかなり多いから、35だったら、まだまだ若いという部類だと思うけど。

 

これからは、妊活に対して、もっと理解が深い社会になる必要がより高まるだろうね。

 

 

排卵検査薬で陽性反応が出たら?

 

皆さんは小姑との関係って、どうしていますか?

 

私は主人のお姉さんと仲良くなった最初のきっかけは、やっぱり年の近い子供。

 

子供同士が仲良くなったので、親も・・・っていう感じでしたから。

 

 

嫁の場合、他人の家に入りますので、最初のうちは勝手に飲み物だって飲めないし、どこに座っていいのかわからなくて、戸惑うことが多いと思います。

 

そんな時に、飲み物を聞いてあげたり、困ってそうな時に助け船を出してくれるような小姑さんは、やっぱり話しかけやすくなるし、有難いですね。

 

私の友達なんかは、旦那さんの妹さんと仲良くて、しょっちゅうお買い物に付き合っているようですが、現在妊活中の妹さんの話を聞いてあげることがすごく多いと聞きました。

 

妹さんは、旦那さんに排卵検査薬で薄い線が出たので、今日子作りしようと誘っても、仕事を理由に断られてしまったり。

 

なかなかタイミングを合わせて子作りをすることが出来ないと悩んでいるようです。

 

結局、排卵検査薬でせっかく薄い反応が出ても、それから48時間以内に性交渉に協力してもらえないと、妊活は意味がないですからね。

 

タイミング療法は、男性の協力が不可欠なので、やっぱり多少合わせてくれるような男性じゃないと難しいですね。