排卵検査薬で朝陽性なのに夜陰性だったけど…

 

排卵予定日前のタイミングにおいて妊娠の確率を高めることができます。

 

そこで、排卵検査薬を使用して、朝陽性だったり夜陰性だったり…

 

なかなかタイミングを把握しにくいこともあります。

 

排卵のタイミングで妊娠の確率をアップさせる必要があります。

 

一般的に、排卵後のセックスというのは妊娠を実現させるタイミングにおいては遅くなります。

 

 

そもそも卵子が受精可能なタイミングは非常に短く、そのピークは6時間弱なのです。

 

卵子の寿命自体は24時間あるのですが、6時間のチャンスを絶対にものにしなければならないのか、といえばそうではありません。

 

 

ピークを逃すことはそれだけ妊娠の確率を下げることに繋がります。

 

一方、精子の場合は比較的その寿命は長くして、2日から3日は生きていると言われているのです。

 

でも全ての精子がそうだというわけではありません。

 

精子は受精能力を持つまでに6時間という時間が必要になります。

 

つまり、排卵のタイミングをしっかりと狙って精子を送り込んでも、両者がすれ違ってしまい、出会うタイミングが下がってしまう可能性があるのです。

 

そのため、排卵検査薬を使用して卵子と精子がもっとも良いタイミングで出会えるようにしなければならないのです。

 

 

排卵検査薬を購入する前にやるべきこと

 

排卵検査薬を使う人は、排卵検査薬を購入する前にやるべきことがあります。

 

というのも、生理周期が安定していない人は、排卵前に排卵検査薬を試しても薄い線ばかりで、排卵日の確定が難しくなるケースがあるからです。

 

生理周期が安定していて、常に排卵予想日にちゃんと排卵が起こる人は排卵検査薬を使うタイミング法に向いています。

 

しかし、生理周期が不安定だと、排卵前に排卵検査薬を試しても薄い線ばかりが2、3日も続き、「いつが排卵日なんだ?」と悩みます。

 

普通は、最初に排卵検査薬で薄い線が出ても排卵前になるにつれてどんどんと線が濃くなってくるので、排卵日がわかりやすいのですが。

 

生理周期が不安定な人は、まずは生理周期の改善から始めた方がおススメです。

 

特に生理周期が40日超えてしまうと、1年のうちに排卵しない月が出てきますので、通常の28日周期の人よりも、妊娠できる可能性が少なくなってしまいます。

 

まずは生理周期を出来るだけ短く、安定するようにすることが大事ですね。

 

あまりにも長すぎる生理周期は、将来的に無排卵を引き起こす可能性が出てきますので、年齢に関わらず、長すぎる生理周期の時には、一度病院に相談をしてみるのも良いと思います。

 

 

妊活アプリで体重管理

 

妊活アプリって、妊娠したい女性を応援するアプリ。基礎体温の管理とか、生理予定日の予想、排卵日の予定まで予想してくれるっていう、とってもお利口さんなアプリ。

 

その妊活アプリの中でも、ラルーンだと、基礎体温と体重の管理を簡単にしてくれるみたい。

 

しかも、生理と排卵の予想だけじゃなくて、やせやすい日と太りやすい日も体重グラフに表示されているみたい。

 

妊活している女性だけでなく、ダイエットをがんばってる女性にもおすすめなアプリだね♪

 

 

妊活アプリで相談

 

妊活中って、これでいいのかな?ってわからないことって、たくさんあるよね。

 

そんな妊活中の女性におすすめなのが、妊活アプリのラルーン。

 

ラルーンの特徴は、一般的な基礎体温や、生理予定日・排卵日の管理だけではなく、匿名掲示板機能が充実している点がポイント。

 

匿名の掲示板だし、すでに書き込みは600万件以上。

 

自分でわからないことは気軽に投稿できそうだし、わからないことを調べたら、600万件の書き込みの中から、答えが見つかりそうだよね。

 

ラルーンって、単なる妊活アプリじゃない気がする。