MENU

タイミング療法で定番の排卵検査薬

 

妊活をしている人がよく利用する方法の一つに『タイミング療法』があります。

 

いわゆる、体外受精とか高度な治療ではなく、排卵日に合わせて、子作りをすることです。

 

病院で指導されるタイミング法は、エコー検査を利用します。

 

ところが、最近は病院のエコー検査の結果と市販で売っている排卵検査薬の結果がずれるケースが多く、悩んでいる人が多いのです。

 

病院で医師に診察にしてもらっている人にとっては、どっちを信用していいのかわからないので、すごく紛らわしいのです。

 

そういう意味では、病院に通っておらず、自分で排卵検査薬を使っている人の方が、迷いはなくて、子作りに専念できるだろうなって思いました。

 

やはり医師から言われれば、「正しいのかな」って思いますからね。

 

でも、エコー検査と排卵検査薬のずれは、やっぱり多少は出てきてしまうので、一番避けたいのは両方の意見に振り回されてしまうことだと思います。

 

どうしても自分では決められない場合は、やはり病院か排卵検査薬か、どっちかに絞ってまずは挑戦してみる方が、すっきりするかもしれませんね。

 

仲良しのチャンスが「あっちだ」「こっちだ」となってしまうと、やっぱりなんだかもやもやしてしまいますからね。

 

排卵検査薬を通販で購入できます

 

排卵検査薬を使用することで正確な排卵日を特定することが可能となります。排卵日を特定することは妊娠の確率を上げるために非常に有効な手段といえます。

 

ですから近年たくさんのメーカーから排卵検査薬が発売されています。

 

日本のメーカーから販売されているものは一箱5本入りや7本入りといった商品がほとんどです。

 

検査薬は基本的には一日一本使用します。ですからこれらの商品は一回の生理周期で使い切るように設定されているのです。

 

そしてその価格も2,000から4,000円程度と決して安いとは言えません。

 

またこうした検査薬は調剤薬局など薬剤師が在中している薬局でしか購入することはできません。

 

ドラッグストアなどでも薬剤師が常駐している場合には取り扱いがある場合もありますが、薬剤師の在中している時間帯にしか購入することが出来ません。

 

つまり基本的にはインターネットなど通販で購入することはできないのです。

 

基本的にはと述べたのは実際には通販でも販売されているからです。

 

もちろん違法に販売しているわけではありません。

 

輸入代行という形で海外製の排卵検査薬を輸入し販売しているのです

 

。日本製の物でも海外で販売されているものを輸入するという形でなら手に入れることが出来ます。

 

海外製の物は一箱に入っている本数が多い商品も多く価格も半額から1/6程度と安価であることからもより手に取りやすい検査薬といえます。