顕微鏡のような排卵検査器がある!?

 

 

排卵の予測方法と言われると、真っ先に思い浮かぶのは排卵検査薬だと思います。しかし、排卵検査薬は判断材料として尿を使うため、事後処理のことを考えるとちょっと面倒臭いみたいです。確かに、尿をかけたものを、他のゴミと一緒にポイっと捨てておく訳にはいきませんからね。

 

そこで、もう少しその点が優しい排卵検査器を探してみたところ、排卵チェッカーというのが見付かりました。なんでも、これは唾液ではなく尿を判断材料とするため、排卵検査薬に比べて断然衛生的なのだとか。しかし、唾液でなぜ排卵を予測することができるのでしょうか?

 

意外なことに、唾液も排卵が近付くにつれて変化するみたいです。具体的には、粘性がどんどん強くなって、排卵期に入るとシダ状の結晶が多数見られるのだとか。実際の画像を調べてみたのですが、面白いくらい植物の葉っぱのような模様が見えました。

 

そして、そうした結晶が見られるかどうかを、排卵チェッカーを使って、丁度顕微鏡のように目視するそうです。ちなみに、排卵チェッカーは1回買うと、半永久的に使い続けることができます。そのため、排卵検査薬は有名ですが、手間や費用の面を考えると排卵チェッカーの方が断然良いとのことでした。

 

 

自分の卵子を凍結保存

 

婚活してもなかなか結婚できない人は、今は将来に備えて、自分の卵子を凍結保存している人がいるようですね。
妊活をスタートさせたくても、やっぱり結婚していなければ意味がありませんからね。
婚活は結婚相談所とか、婚活パーティーとか色々とありますが、やっぱり上手くいかないっていう人は多いですね。
おまけに今は、男性の方が嫌婚で、登録数が少ないって言いますからね。

 

女性の方が、圧倒的に婚活数が多いようなので男性の方に選択権があるようです。
そういう状況で、婚活して、何とか結婚までたどり着いても、自然妊娠が出来なければ、妊活に進むことになってしまいます。
不妊治療の病院に通院することは、嫌がる男性も多いので、やっぱり難しいのかなって思います。
まずはやっぱり、男性も協力しやすいタイミング法からですね!

 

排卵検査薬の判定で最も難しいのは薄い陽性反応は出た時です。
排卵検査薬で薄い陽性反応が出た時には誤差が生じやすいので、薄い陽性=排卵日とすぐに判断するのは難しいです。
排卵検査薬の判定方法は、やっぱり経験を積んで、徐々に知識を増やしていくのが一番かなって思います。
初心者の場合は、経験や知識がないので、見分けるのが難しいですね。

 

 

排卵検査薬で誤差が出ないようにするためには?

 

排卵検査薬は判定で誤差を出さないためには、朝一の尿を使わないことです。
というのも、朝一の尿は、前日の影響を受けやすく排卵検査薬の判定に誤差を生じさせる可能性が高いと言われています。
でも、ビッグダディのように、子供がポンポンと出来る人って、稀なんですね。

 

世の中には、なかなか子供に恵まれないで苦しんでいる人が多くいます。
小さい頃は、誰でも避妊をしなければ、ビッグダディのようになってしまうと思っていましたが。
実際に子作りをしてしまうと、年子で連続出来るとか、そんなことは本当に少ないんだなって思いました。

 

ただ、ビッグダディの場合は、結構結婚年齢が早かったので、それがあれだけの子供の数につながったのかなって思いました。
やっぱり結婚が早いかどうかによって、全然子供の数って違ってくるのかなって思いました。
子供が沢山欲しい人は、やっぱり出来るだけ早く結婚しないとダメなんでしょうね。

 

40代で結婚したら、一人か二人が限界だと思いますからね。
だからと言って、大卒は新卒ですぐに結婚は考えにくいですし。

 

よく考えると、やっぱり早くても20代の中盤から終盤くらいの結婚になってしまいそうですよね。
高卒の場合は、もうちょっと早く結婚する人が多いので子供が欲しい人にとっては良い環境かもしれませんね。