30代で婚活を始める女性

 

排卵検査薬は薄い陽性が出ると擬陽性として、判断に困ります。
特に排卵検査薬の経験が少ない人ほど擬陽性の判定を見分けるのが難しいです。
でも、30代で婚活を始める女性って、妊活も大幅に遅れるケースが多いので、婚活が長引くと当然出産年齢が上がってしまいます。

 

子供を一人だけ産みたいとかであれば、30代の後半での結婚でも良いですが。
やっぱり二人、三人を求めたい人の場合は、30代の後半では、ちょっと厳しくなってきますよね~。
40代から二人を生む人もいますが、そういう人は基本的に経済的に恵まれている場合。

 

60歳で定年のサラリーマン家庭の場合、子供が成人するくらいに無職になってしまう40代から二人や三人を生むのは、さすがに経済的に厳しくなってしまいます。
それこそ自営のような定年がない仕事の人じゃないと、厳しいですね。
自分の老後と子育てが同時進行になってしまうのは避けたいですね。
育児が終わった後に、少し余裕をもってから老後に入れるのが一番うれしいと思います。

 

高齢出産になってしまうと、どうしても老後と育児がごっちゃになってしまう可能性がありますので、難しいですよね。
特に成人までの20歳を育児を終わりと取るか、大学卒業までを終わりとするかによってかなり違いますね。

 

排卵検査薬の擬陽性を見分けるのは難しい

 

タイミング法で最も難しいのは、排卵検査薬の擬陽性を見分ける事だと思います。
特に生理周期が乱れている人は排卵検査薬で擬陽性を判断するのは至難の業です。

 

ただ、30代後半って、女性はそろそろ出産のタイムリミットが迫ってくるので、かなり焦り出す時ですよね。
ただ、30代後半で初産なのか、経産婦なのかによっても、やっぱり考え方は違ってくると思います。
30代後半で初産だと、やっぱり40代以降の妊活はかなりリスクが高くなるので、医学的には難しい。

 

でも、子供がまだ一人もいない方が、やっぱり妊活に対しての執念は強いんですよね。
子供が既に一人いるよりも、いない方が、必死さが違いますね。
それだけに、40過ぎても、子供を諦めることができないで、妊活をずっと続けてしまう人もいます。

 

そういう時に、結局止めるのは、旦那さんだって言いますからね。
女性はいつまで未練が残る人が多いけど、男性の場合は、意外にドライというか、冷静に判断している人が多いみたいですね。

 

子供が出来ないからと言って、離れていくような旦那さんよりも、奥さんと二人で十分だって、妊活を止めてくれるような旦那さんの方が愛情が深いと感じてしまいますね。
ちょっとうらやましい気がします。