会社を頻繁に休む必要が出て来る不妊治療の通院

 

排卵検査薬によるタイミング法で一番面倒なのが『偽陽性』だと思います。
排卵検査薬で偽陽性が出やすいのは朝一番の尿だと言われています。
タイミング法では偽陽性と本物の陽性反応をいかに見分けるかがすごく大事なポイントになってきます。

 

基本的には、経験を積めばわかってくるようになるんですけどね。
ただ、不妊治療の通院は、男性にとっても女性にとっても、本当に困りますよね。
やっぱり通院回数が増えると、仕事を休んだり遅刻したりする時間が出てきますので、職場に迷惑をかけてしまいます。

 

基本的に、一般企業は、芸能界のように、「妊活でお仕事をお休みします」って、堂々と宣言できる会社は少ないです。
それこそ、妊活に理解がない会社だと、不妊治療の通院で何回も何回も仕事に穴を空けられると、リストラの対象になってしまったりする可能性もあります。
そして本人も、自分が周りに迷惑をかけていることをわかっているので、会社に居づらくなってしまうんですよね。

 

それが本当に妊活者にとっては、すごく厳しいと思います。
だからこそ、辞めてしまう人も多いですよね。
会社に行きにくい環境になってしまうと、在籍しているのも辛いです。
特に男性の場合は、会社を頻繁に休むと、今後に響きますね。

 

医師との相性が良いことは妊活の負担を軽減

 

排卵検査薬で判定すると、よく薄い陽性反応があります。
薄い陽性反応というのは、本当に排卵日が近い本物の陽性の場合と、全く排卵と関係ない時に出てしまう偽陽性の場合があります。
そのため排卵検査薬を使い慣れていない人の場合、偽陽性と本物の陽性反応の区別がつかないで、非常に苦戦してしまいます。

 

でも、それよりも不妊治療で困ってしまうことは近所に不妊治療の病院がないこと!
病院が近くにないと、遠くまで通院しないといけなくなってしまうので大変です!
不妊治療の病院へ通う頻度は、それぞれの治療によって違いますが、やっぱり毎日ホルモン注射を打ちに通院することが多いので、あんまり遠いと大変になってしまいます!

 

そのため、不妊治療の病院を選ぶのであれば、やはり通える範囲内で探さないとダメですね。
近所に良い不妊治療の病院がない場合は、本当に困ります。

 

また、不妊治療の病院も、最初に行った病院が一番良い病院とは限りません。

 

口コミでは評判が良かったとしても、自分にとって良い先生だと思えない場合は、やっぱり他の病院を見てみた方が良いですね。
医師との相性が良いことによって、妊活の負担が軽くなりますので、やはり良い医師とのご縁は大事になってきます。