排卵検査薬は採尿時間に気を付けよう

 

排卵検査薬の検査精度は100%ではありません。
そのため、排卵検査薬で出来るだけ偽陽性を避けるためには、採尿時間に気を付ける事です。
特に起床してからすぐの尿は、排卵検査薬で偽陽性が出やすいと指摘されていますので注意が必要です。

 

でも、妊活方法のステップアップのタイミングってすごく難しいと思います。
特にお金がない人が陥りがちなのが、結果が出ないタイミング法をいつまでも続けてしまうこと。
体外受精などの高額な不妊治療が金銭的に厳しい人の場合は、やっぱり人工授精あたりで、断念する人もいますからね。

 

体外受精になってしまうと、1回の費用が50万円位かかってしまうと言われていますので、やっぱり何回も試すとなると、それなりの経済力が必要になってきます。
タイミング法だったら、月々1万円もあれば病院でタイミング指導もしてもらえるので、やっぱり費用が違いますね。

 

そのためタイミング法から人工授精、タイミング法から一気に体外受精にステップアップする時って、やっぱり色々と考えてしまいますね。
もう40代で後がない人にとっては、いきなりのステップアップでも良いと思いますが。
さすがに20代だと、決心がつかない人も多いと思いますね。

 

妊活中に傷つく一言

 

排卵検査薬って、陽性反応が出たらとりあえず陽性なんだと思っていました。
でも、実際に使ってみると、排卵検査薬の陽性反応って、実は数日間出ていて、かなり判定が難しいことも多い!
特に起床してからすぐ検査すると、陽性反応が出ることが結構多くて、排卵検査薬の偽陽性にはかなり振り回されました。

 

説明書を読んだら、起床後の尿はあんまり使わないようにした方が良いと書いてあったので、それからはあんまり使わないようにしています。
でも、子作りへのプレッシャーって、本当にきつい。
周りは何気なく言っているのでしょうが、妊活中の人にとっては、傷つく一言がありますよね。

 

子供を一人産んだって、「次の子は?」って聞かれるんですから。
まだ一人も産んでいない人にとっては、大きな問題になってきますよね。

 

やっぱりあんまりにも周りに子作りへのプレッシャーをかけられると、体の方がストレスを感じてしまい、なかなか子供が出来ないことも多いです。
それだけに、体へプレッシャーをかけないようにするのが大事なんじゃないのかなって思います。
精神的にピリピリしていると、子供ってなかなかできないって言いますからね。

 

子作りへのプレッシャーがなくなった途端に妊娠したっていう人もいますから。