産み分けの使い方に適している排卵検査薬

 

産み分けの使い方に適している排卵検査薬と言えばラッキーテストです。
排卵検査薬の中にはラッキーテストのように産み分けの使い方に適しているものもあれば、向いていないものがあります。
ラッキーテストのように産み分けの使い方に適している排卵検査薬には、実は特徴があります。

 

それは、陽性反応の検知基準です。
通常、排卵検査薬は50mIU/mLで検知できるようになっているケースが多いですが、ラッキーテストの排卵検査薬はその半分の25mIU/mLで検知が可能になっています。
そのため他の排卵検査薬よりも、早いタイミングで陽性反応が出るので、早めのタイミングで子作りをすると女の子ができやすいと言われている女の子の産み分けをする時にもパッチリ!

 

希望の性別が生まれた方が、産後も育児が楽しくなるので、そういう意味では、良いと思います。
産後ってすごく女性は余裕がなくなってしまうので、大変ですよね。

 

男性は徐々にお父さんになっていけるけど、お母さんは生まれたその日から、しっかりお母さんとしてお世話しないといけないので、すごく戸惑いもありますね。

 

父親は楽でいいな~なんて思う女性は、少なくないと思います。
やっぱり子供が小さいうちは、お母さんの影響がかなり大きいですね。

 

子供が欲しいなら早めの子作りは大事!

 

女の子の産み分けをする時には、『早めの子作り』というのが、一つのポイントになってきます。
女の子になりやすいX精子はスピードの面では男の子になりやすいY精子よりも劣ります。
しかし、女の子になりやすいX精子の方が、酸性に強く子宮内での寿命が長いと言う特徴もあります。

 

そのため、排卵検査薬で産み分けをする時には、早めに子作りをして、子宮内で女の子になりやすいX精子を待機させて、排卵を待つのが一番可能性が高いと言われています。
排卵日当日になってしまうと、先に男の子になりやすいY精子が子宮の奥まで進んでしまう可能性が高いので、女の子の産み分けには良くないと言われています。
やはり女の子になりやすいX精子を残すためには、ラッキーテストのような陽性反応がすぐに出やすい排卵検査薬を選んで早めにタイミングを取る使い方が理想です。

 

ラッキーテストの排卵検査薬は産み分けの使い方したい人におすすめです。
ただ、産み分けも100%ではないので、結局はどっちでもいいから子供を欲しいっていう人の方がやっぱり気負いもなくて良いと思います。
実際に生まれてみれば、男の子でも女の子でも可愛いですからね!
自分の子供っていうのは別なんだなって思いましたから。

 

 

女性は生める期間が限られている

 

ラッキーテストのように25mIU/mLで検知可能な排卵検査薬は使い方について意見が分かれます。
LHホルモンの分泌量が元々多い人の場合、25mIU/mLで検知してしまうラッキーテストのような排卵検査薬を使うと陽性反応が頻繁に出てしまい使い方に悩んでしまうことがあるのです。

 

どちらかというと、ラッキーテストの排卵検査薬は正しい使い方をしても他の排卵検査薬でなかなか陽性反応が出にくかったと言う人に向いています。
ただ、仕事が忙し過ぎる旦那さんと暇を持て余している専業主婦の場合、妊活をすると、温度差が生じやすい。
男性は仕事で疲れ切っているけど、奥さんはやる気があるので、どうしても夜の子作りに対しての意気込みが違ってきます。

 

当然男性は、仕事が終わった後なので、やる気なんて全然ない場合があります。
そんな時に、妊活で子作りをしようと誘われても、男性としても、快く応じることが出来ない時もあります。
そして、拒否が多くなると、今度は女性の方が不満を抱くようになってしまいますからね。

 

男性も仕事が忙し過ぎるのはわかりますが、やっぱり本当に子供が欲しくないのであれば、話し合いを早くにしないとダメだと思います。
女性は生める期間が限られているから、必死ですしね。