MENU

排卵検査薬による陰性には理由がある?

 

排卵検査薬を使用する前に確認しておくことがあります。

 

このことを確認していなければ陰性なのか陽性なのかということを正確に判断することができません。

 

まず分娩や流産、中絶の直後である方や不妊治療によって薬剤を処方されている方というのは、排卵検査薬を使用しても正しい結果が出なくなることがあります。

 

また検査開始日を必ず決めるようにしましょう。

 

検査開始のタイミングというのは次の生理開始予定日の17日までです。

 

この17日までというのは必ず守りましょう。

 

生理周期が不規則なのであれば、1番短かった生理周期をもとに開始日を割り出して行きます。

 

また排卵検査薬というのはおしっこの中に含まれている、黄体形成ホルモンの量を測定することで検査をします。

 

検査前にたくさん水分を摂取したり、過剰に発汗をする運動などはできるだけ控えるようにしてください。

 

尿の中の黄体形成ホルモンの濃度が変化してしまい、判定に影響してしまうことがあるからです。

 

アルコールの摂取量が応対ホルモンの分泌治療に影響する、という事はありませんが多く摂取しすぎてしまうと体内における水分量が増加してしまい、濃度が低下してしまうことがあるので注意してください。

 

場合によっては排卵検査薬の結果が正しくでないこともある、ということを理解しておきましょう。

 

 

排卵検査薬は朝に使うな!?

 

排卵検査薬は朝に起床してすぐに試さない方が良いそうですね。

 

というのも、排卵検査薬が感知するLHホルモン値というのは、朝の尿にはあんまり含まれておらず、起床してから徐々に生成されるので、時間が経ったお昼近くに検査した方が、よく陽性反応が出ると聞きました。

 

私は尿検査って、朝にするものだと思っていたので、排卵検査薬もてっきり朝一番の尿が良いのだと思いました。

 

でも、検査が違えば、やっぱりやり方も変わってくるんですね。

 

でも、子供が欲しいと思っているカップルほど、あんまり子供が出来ないで、なぜ子供を虐待するような両親の元に、子供ってできるのでしょうね。

 

子供だって、虐待されるくらいだったら、大切にしてくれる両親の元に生まれたかったと思います。

 

神様が本当にいるんだったら、もうちょっと両親を選んでほしいなんて思います。

 

私の友達は、アラフォーの時にようやく子供を授かったので、本当に子供が可愛いようです。

 

私も自分の子供は可愛いと思うけど、その友達のように、溺愛するまではいかないので、友達を見ていると、母親の愛情はすごく深いんだなって思います。

 

子供がいる人生を望んでいる人が不妊になるっていうのが、一番辛いと思いますね。