排卵検査での卵胞チェックは簡単!

 

多少手間がかかっても、確実に排卵日を予め知りたい場合や、性交渉を十分行う時間的余裕が欲しい場合は、産婦人科での排卵検査を受けると良いそうです。
確かに、専門機関にお世話になるのが一番ですからね。しかし、病院での検査となると、かなり大がかりなものではないでしょうか?

 

調べたところ、排卵検査に限っては、とても簡単とのことでした。なぜなら、卵胞チェックをするだけで、大抵は事足りるからです。
詳しく言うと、服を捲って少し露出した腹部に超音波を当てて、卵胞の育ち具合を見るだけで済むため、全然時間がかからないそうです。

 

また、気になるお値段ですが、排卵検査には保険が適用されて3割負担で済むため、1回につき1500円程度しかしないとのことでした。
となると、排卵検査は、生理中から生理終了直後の時期で1回受ければ良いそうですから、月1500円という計算になりますね。

 

不妊や妊活で病院にお世話になると、かなり高額なお金を請求されるイメージだったので、これは意外でした。
そのため、排卵日を早期かつ確実に予測してもらえる点だけでなく、コストパフォーマンスの点でも優れているため、近所に排卵検査ができる病院があるならそこにお世話になった方が断然良いみたいです。

 

 

女性と男性では子供に対する考え方が違う

 

基礎体温をつけるのが面倒だからと、最近はルナルナで排卵日の予想をしている人が結構いるんですよね。
生理周期が安定している人だったら、ルナルナで排卵日や生理予定日を予想してもらって排卵検査薬でタイミング法に挑むことも可能だと思いますが。
生理周期が乱れやすい人の場合は、ルナルナの予測では正直信用ができません。

 

ただ、基本的に女性よりも男性は、人生において仕事が占める部分が大きいのかなって思うことが多いです。
そのため、女性のように、仕事を辞めてまで妊活で通院することに理解が出来ない人も多い。

 

芸能人のように経済的に豊かでもなく、生活もコツコツ生きている一般人にとっては、経済的なリスクを背負ってまで、仕事を休み、妊活するメリットと、子供を諦めるメリットを比べたら、必ず子供が欲しいっていう男性は、女性よりも少ないと思います。

 

特に仕事が忙し過ぎると、帰宅してから子作りをする時には、既に体力が無くなっていることも多いです。
そうなると、妊活なんてどうでもいいから、やっぱり早く寝てしまいたいとか、一人でゆっくりしたい気持ちが出てしまいますよね。
そういうすれ違いの時間がドンドンと続くと、妊活はますます難しくなりますね。

 

 

男性の方が不妊治療の通院はきつい

 

妊活していると、男性の協力が必要になるので、すごく問題になってきます。
不妊治療の末にお子さんを授かったと話題になった川崎希さんとアレクさん夫妻なんかを見ていると、やっぱりアレクさんの協力が大きかったんじゃないのかなって思います。
一般人の場合だと、4年も妊活するとなると、やっぱり男性の方が通院もきつくなるし、金銭的にも辛いので、根を上げてしまう可能性があると思います。

 

それこそ、男性が子供を望むことって、女性よりも熱が低い事の方が多いですからね。
やっぱりよほど後継ぎが必要なケースでないと、なかなか難しいと思います。
それだけに、長い期間でも不妊治療に付き合ってくれる旦那さんというのは、女性にとってはすごく頼れるパートナーだと思います。

 

でもまあ、妊活を始めると基礎体温をつけるように言われますが、これが意外に面倒なんですよね。
そのため、基礎体温をつけるのが嫌な人なんかは、お手軽に排卵日をチェックするためにルナルナを利用していたり。
ルナルナ自体が悪い訳ではないですが、やっぱり基礎体温ほどの正確性はありませんので、ルナルナはあくまで基礎体温を併用して排卵検査薬を使ったタイミング法に挑戦すると良いですね。