排卵検査薬を使ってもすぐにはちょっと

 

排卵検査薬を使って、妊娠しやすい性交渉のタイミングを図れば、すぐに妊娠できそうですよね。実際、排卵検査薬の広告は、よくそのような感じで謳っていますし。
しかし、実際のところ、排卵検査薬を使ったところで、やはりそう簡単に妊娠できるという訳ではないみたいです。

 

なぜなら、妊娠率というのがそもそも高くないからです。具体的には、20代前半から30代前半までの健康体の夫婦の場合でも、25~30パーセント程度しか妊娠率は見込めないのだとか。
確かに、思っていた程高い数字ではありませんね。ちなみに、30代後半になると18パーセントと一気に下がるそうです。

 

では、排卵検査薬を使って排卵日を予測し、排卵日の24時間前という適切なタイミングで集中的に性交渉をしたところで、その数字をどれ程上げることができるのでしょうか?
個人的には、40パーセントくらいまでは上がるのでは、と思っていたのですが、実際は15~30パーセント程度とのことでした。

 

つまり、最高でも、20代前半から30代前半の比較的若い世代の妊娠率程度までしか上がらないということです。
そのため、排卵検査薬を使っても、あまり早期の妊娠は期待せず、最低も半年はかかると覚悟しておいた方が良いみたいです。

 

妊活をしている人に利用者が多いルナルナ

 

ルナルナは妊活をしている人に利用者が多いですが、あくまでルナルナのデータは参考にしかなりません。
排卵検査薬を使ってタイミング法をやるならルナルナではなく基礎体温をちゃんとつけることがやはり重要です。
実際の排卵は、やはり基礎体温を見た方が、正確な情報が得られます。

 

でも、夫婦関係で一番怖いのは、セックスレスになってしまうことだと思います。
セックスレスになってしまうと、もうタイミング法とか人工授精とか、そんなこと言っている場合ではなくなってしまいます。
でも、最近の男性は、子供が要らないっていう人、結構多いですよね。

 

結婚しても夫婦二人だけが良いとか、よく聞きますもん。
でも、女性の場合は子供が欲しいっていう人は結構いるので、やっぱり子供を巡って、夫婦で温度差があると大変だなって思います。
妊活をする時には、やっぱり夫婦で足並みをそろえる必要がありますので、温度差があると、どうしても通院はしにくくなってしまいます。

 

特に旦那さんにあんまり意見を言えない人は妊活を言い出しにくいと思います。
子供がいない人生も選べる人だったら良いですが、絶対に子供が欲しいのであれば、最初からしっかり子供に前向きな男性を選ぶことが大事ですね。

 

 

簡単なルナルナの排卵日予想

 

基礎体温をつけるよりも簡単なルナルナの排卵日予想。
生理周期が一定の人には、そこそこ役立つものですが、生理周期が不安定な人にとっては、意味のない予想になることが多いです。
生理周期が乱れている人ほど、やはり基礎体温をつけて排卵検査薬を使ったタイミング法に挑戦する方が良いと思います。

 

ルナルナでの予想を頼りにしていると、やっぱり排卵検査薬を使うにしても、ずれが生じてしまいます。
ただ妊活を始めるのであれば、ブライダルチェックをしてから結婚した方が良いと思うことがあります。
ブライダルチェックで体に問題があるとわければ、やっぱりそれだけ結婚後に妊活が必要になるかどうかっていう見通しを立ちますからね。

 

特に通院が必要になるような問題がブライダルチェックで発覚したら、当然男性だって、通院しないといけない妊活になるかどうかって予想がつきます。
ブライダルチェックによってわかった問題点は、やっぱり妊活で大きな障害になることが予想されるので、妊活に対しての覚悟が出来ます。

 

男性の場合は、ブライダルチェックを受けるかどうかによって、妊活で協力してくれる男性なのかどうかを試すこともできます。
やはりブライダルチェックを受けてくれない男性は、妊活でも協力が期待できません。