タイミング法なら排卵検査薬「チェックワンLHデジタル」

 

体が最も妊娠しやすい排卵日を、排卵検査薬によって予測して、タイミング法を実践している夫婦はよくいるそうです。
なんでも、これなら産婦人科に頼らなくてもできるのだとか。病院に行かずに済むなら、時間も費用も最小限に抑えられますから、確かに魅力的だと思います。

 

しかし、排卵検査薬は実際のところ、中々使い方が難しいみたいです。それを聞いた時は、ただ尿をかけて線やマークの色を見れば良いだけなのに、と不思議に思ったのですが、どうもそう単純な話ではないみたいです。
なんでも、陽性反応は出ているものの、それが濃くなるまでいくつか段階があり、途中の薄い陽性反応に対する判断が難しいのだとか。

 

そこで、そのような中途半端な陽性反応に悩まないで済む排卵検査薬があります。
それは、アラスク社から販売されている、「チェックワンLHデジタル」です。この排卵検査薬は、デジタル式というタイプを採用しているため、検出から判定まで全部機械の方で処理してくれるみたいです。

 

つまり、使用者は尿をかけたら、後は画面に表示される結果を確認するだけで済むんです。
そのため、妊娠適齢まで余裕が無い、手っ取り早く妊娠したいなどの理由で、排卵検査薬の使い方で時間を浪費したくない場合は、このチェックワンLHデジタルが良いそうです。

 

 

ルナルナと実際の排卵日

 

ルナルナだけで排卵検査薬を使ったタイミング法に挑戦しようとしている人は、やっぱり失敗も多い。
ただし、ルナルナと実際の排卵日にギャップがあるので、最終的にルナルナを当てにしていると排卵検査薬の失敗がかさんで、お金がかかってしまうと言う意見がチラホラ聞かれます。

 

結局、基礎体温の方が、ルナルナよりもやっぱり信用性が高いってことなんでしょうね。
でも、子作りのプレッシャーから解放されたいって思っている男性は少なくないそうですね。
それだけ男性っていうのは、別に子供がいてもいなくても良いと思ている人が多く感じます。

 

女性が必死で、男性はそれのお供って感じ。
子作りのプレッシャーをかけないだけ優しい旦那さんにも見えますが、人によってはそういうスタンスがすごくもどかしいと感じる女性もいますね。
自分と一緒に子供を絶対に欲しいって言ってくれる人が良いって思っている女性もいます。
ただ、男性も女性を子作りのプレッシャーで追い詰めたくない人もいますしね。

 

やっぱり相手のことを思うからこそ、男性も子供って強く言わない優しさを女性も理解してあげないといけない部分がありますね。
男女っていうのは、結局他人なので、全てわかり合うことは難しいなって思います。