MENU

排卵検査薬で陰性なら継続すること

 

排卵検査薬を使用して陰性だった場合には、まだまだ何度も排卵検査薬を使用しなければなりません

 

排卵検査薬は病院だけではなく、薬局などでも購入することができます。

 

しかし医療用医薬品ですので店舗で購入する場合には、薬剤師に商品を出してもらわなければなりません。

 

薬剤師の説明を受けて、住所や氏名といった個人情報記入しなければなりません。

 

非常に面倒ですし、プライバシーという面から見てもやはり不安が残ってしまいます。

 

何度も購入しなければならないとなればなおさらです。

 

そのため排卵検査薬を購入する場合にはネット通販がお勧めです。

 

通販であれば薬局のようにプライバシーを晒さなくてもすみます。

 

排卵や妊娠を調べる場合には精神的にもナーバスになっている場合が多いですので、必要のないところで余計なストレスを抱えてしまうことがないようにしましょう。

 

ネット通販であれば海外の排卵検査薬を個人輸入代行業者から購入することができます。

 

海外の製品というのは日本製と比較すると非常に格安ですので気軽に使用できます。

 

実際に検査をする場合にはある程度本数が必要になりますので、まとめ買いといったことを考えると、やはり排卵検査薬は通販がおすすめなのです。

 

 

排卵検査薬には婦人体温計がつきもの!

 

妊活を始めるのであれば、まずは婦人体温計を用意しましょう!

 

「え~!婦人体温計って、高いじゃん!」って思っている人は、そのまま排卵検査薬を使うようになると、お金がかかって後で苦労する可能性があります!

 

そうならないためにも、ちゃんと婦人体温計を買いましょう。

 

特に生理周期が安定していない人ほど、排卵日の予想を立てるのに婦人体温計が活躍します!

 

私も妊活を始める前は、基礎体温なんて本当に役立つのかなって思っていました。

 

朝に排卵検査薬を使えば良い物だと思っていたのです。

 

でも、婦人体温計で基礎体温をつけないで、朝に排卵検査薬だけを使っていたら、陰性ばかり!

 

「いつになったら、排卵するの!?」と、パニックになってしまいました。

 

「だから、それを調べるために基礎体温を必要なの!」って言われた時には、目が覚めました。

 

みんな好き好んで婦人体温計で基礎体温を付けているのではなく、排卵検査薬を無駄にしないで、有効に活用するために、ちゃんとチェックをしているんだとわかりました!

 

婦人体温計があれば、低温期と高温期がはっきりわかるようになってくるので、何週くらいの生理周期なのかもわかります。

 

まずは婦人体温計で、自分の体を良く知ることが大事なんだと思いました。