アメリカ製のワンステップ排卵日検査薬

 

アメリカ製のものでワンステップ排卵日検査薬というのがあるのですが、更にバージョンアップしてワンステップ排卵日検査薬クリアという名前に変更になりました。
排卵日検査薬も進化していくんだなぁと、しみじみ感じました(笑)
妊活中の方には朗報かもしれませんよ。

 

と言っても、これまでのワンステップ排卵日検査薬も十分だったのに、バージョンアップって以前と何を変える必要があったんだろうかと疑問にも思いました。
何処がどんな風にバージョンアップしたのか気になりますよね。

 

ワンステップ排卵日検査薬クリアが購入できる通販サイトを確認してみると、以前よりもいい感じにバージョンアップしているなとわかりました。
これなら、ストレスなく妊活が進むのかもと思ました。

 

変わっていた点は2点ありました。
まずは、
・陽性と陰性の判断がとても簡単になり、どちらなのか迷わないで大丈夫になった
・LHサージを察知する感度が上がった事で、現在ではアメリカでトップクラスの感度となった

 

この2点が変わった事で、排卵日検査薬として使いやすくなり本当に妊活しやすくなったのでしょうか?
感度が上がったり、アメリカでトップクラスになったところで、妊活にプラスにならなければ利用者にとっては意味ないですよね。
それに、以前のものと比べて、妊娠の確率をあげるのにプラスになっているのでしょうか?

 

詳しい説明もかねて、実際にはどう変わり、どのように妊活に変化をもらたらすのか検証してみる事にしました。

 

>>ドクターズチョイス ワンステップ排卵検査薬クリア 20回分

目次

 

1.新しくなったワンステップ排卵日検査薬クリアは判定が分かりやすい
2.排卵日検査薬は感度が高いものを使ったほうがいいのかな
3.LHサージを感知する感度が高ければいいことがあります
4.繰り返しの検査で確率が上がる?
5.新しい排卵日検査薬で妊活を楽しんで

 

 

1.新しくなったワンステップ排卵日検査薬クリアは判定が分かりやすい

 

バージョンアップしたワンステップ排卵日検査薬クリアは、陽性なのか陰性なのかの判定がとても簡単になりました。
これは本当にありがたいことだなぁと思いました。
デジタルと違い、簡易的な排卵日検査薬のデメリットでしたからね。

 

これまでのワンステップ排卵日検査薬は、正直判定するのが大変というか、とても難しかったのです。
コントロールラインという基本の線があり、LHサージが上昇し始めたら現れるテストラインの色と見比べて自分で判断しなくちゃいけなかったんです。
濃さで判断すればいんでしょ?と使い始めたころは、簡単に思っていましたが、これ思ってる以上に判断が難しいかったです。

 

まず最初にコントロールラインの色が現れ、その後テストラインが現れます。
徐々に濃くなるテストラインを見て、これは薄すぎる?濃くなってる?陽性なの?陰性なの?と迷うばかりです。
いつが排卵日なんだろうと迷ってしまう事もあると思います。

 

テストラインが現れるという事は、LHサージが上昇しているという事なので、排卵日が近いという事は確かなわけです。
ただ、判定が曖昧になってしまうのも事実です。

 

陽性だと言われれば陽性だし、陰性だと言われれば陰性だし、という曖昧なテストラインの濃さだと、どっちなんだよ!とイライラもしてしまうし。
陰性だと判断したのに、陽性だったとすると「仲良しのタイミングを逃してしまったらどうしよう」と不安にもにもなりますよね。

 

もう1つ厄介なのは、いつまでもダラダラとテストラインが続くところです。
はっきりと終わりが分からない事もあるので、排卵が本当に済んだのだろうか。
まだLHサージが下がらないのかと思ってしまったりもします。

 

それに比べると、ワンステップ排卵日検査薬クリアは、色の濃さを気にする必要がないんです。
テストラインが、薄く出も現れれば陽性と判断して大丈夫です。
排卵が終わる頃には、テストラインが現れる事もないので、とっても安心して使える排卵日検査薬だと思います。

 

>>ワンステップ排卵検査薬クリアの公式サイト

 

2.排卵日検査薬は感度が高いものを使ったほうがいいのかな

 

現在はアメリカでトップクラスの感度と言われているワンステップ排卵日検査薬クリアは、感度が20mIU/mlに設定されているそうです。
と言われても、「すごーい」とはなりませんよね。
実際にその数字を聞かされても、正直なんの事だろうという感じだと思います。

 

この数字が少ないと感度が高いという事なのですが、排卵日検査薬の感度が高いのがそんなに自慢になるのでしょうか?
感度が高いという事は、早い段階から排卵日検査薬が陽性になってしまいますよね。
そんな排卵日検査薬のどこが人気なのか疑問です。

 

陽性が出てから48時間以内に排卵、24時間以内に排卵などが分かる排卵日検査薬があります。
あまりにも感度が良すぎると、その何時間前がかなり数日前から感知されてしまうのではないでしょうか。
正直、5日前や6日前を知っても仕方がないんじゃない?
そう思われる人がほとんどだと思います。

 

でも、早く知れることで、仲良しする日の予定をしっかりと立てることができますよ。
女性側もそうですが、パートナーにも心の準備や体の準備も必要ですよね。
仕事や飲み会だって調整してもらって、早めに帰宅してもらわないといけないし。

 

排卵日を早く知る事で、妊活はスムーズに進むなと私は考えています。
だって、排卵の24時間前を知ったところで、その日パートナーが残業だったり、接待だったりしたら、その月のチャンスはなくなってしまいますよね。
5、6日前に知っていれば、排卵日の2日前や3日前に仲良しのタイミングをとることも出来るし、予定をの都合を変更してもらう事だって可能かもしれません。

 

その月に1度だけでなく、数回の仲良しのチャンスができるようになります。
これって、妊活中の人にとってはかなりのメリットになりますよね。

 

 

3.LHサージを感知する感度が高ければいいことがあります

 

 

以前の排卵日検査薬と違って、ワンステップ排卵日検査薬クリアはとても使いやすい検査薬だと思います。
バージョンアップしたおかげで、判断がとても簡単になったからです。

 

排卵日検査薬は、排卵日を予測するものでなく排卵日の数日前を予測するものです。
このワンステップ排卵日検査薬クリアは感度がいいので、排卵日の前を他の検査薬よりも早く知る事ができるんです。

 

排卵日は月に1回しかないので、妊活中のご夫婦にとっては、とても重要な日となります。
ですから、その日の為を考えたら、排卵日がいつなのかを早い段階で知れるのって本当に助かりますよね。

 

1番妊娠しやすいと言われいるのは、排卵日の2日前と言われています。
妊活について詳しく調べたり、妊活が長いよという方はご存知かもしれませんが、殆どの人は排卵日に仲良しのタイミングをとると勘違いされている人が多いと思います。

 

 

一般的に販売されている排卵日検査薬は、陽性反応を確認してから24時間~36時間以内に排卵が起こることを知らせてくれるものです。
正直、このタイミングで知っても遅いなと思ってしまうんですよね。
夫婦のタイミングがうまく合えばいいけれど、お互いに予定もあるしやはりもう少し早めに知っておけた方が便利ではないでしょうか。

 

仲良しのタイミングは3日前くらいから取り始めるのが効果的と言われているので、一般的な排卵日検査薬ですとかなり時間ロスしてますよね。

 

排卵日の数日前を教えてくれる、尚且つテストラインが出たら陽性と判断して大丈夫なので、分かりやすいというメリットがあるワンステップ排卵日検査薬クリアは妊活の強い味方になると思います。

 

 

4.繰り返しの検査で確率が上がる?

 

ワンステップ排卵日検査薬クリアを使う事で、かなり早い段階で排卵日を予測できる事が可能となります。
なので、余裕をもって排卵日を迎えることが出来るでしょう。

 

でも、排卵日の2日前ってどうするとわかるのでしょうか?
1回の検査薬では、さすがに排卵日の2日前を知る事はできないです。

 

早く陽性反応が出るからといって、出たその日は何日前というのはわかりません。
その後も1日に2回くらいの検査を続けることで、テストラインの濃さをチェックします。

 

陽性が出てからは、テストラインは徐々に濃くなっていきます。
LHサージの分泌がピークにな頃から、12時間以内に排卵が起こると言われています。

 

1度陽性反応を確認してからピークに到達すまでの時間を把握して、2日前を確認でいるよにしなければいけません。
難しいなぁと感じる方もいるとおおいますが、ピークの前に仲良しのタイミングをとるために、ピークを迎えるまでの日数を把握しておく必要があるわけです。

 

もちろん、ピークまでの日数を考えることなく、テストラインが出現した時点で仲良しのタイミングを取れれば文句なく、いいタイミングで妊活できているなぁと思います。
しかし、そのことに油断してしまい、1番いいと言われている2日前を逃してしまうなんてこともあるかと思うのです。

 

LHサージがピークになった事を確認しなくても、薄くでも陽性が確認できた時点で、1日置きにでも仲良しのタイミングをとることが出来ればそれでも大丈夫かなと思います。
しかし、その状態だといつが排卵日だったんだろうかと、気になってしまう事になると思います。
本当にタイミングが取れていたんだろうか、排卵日は本当にあったんだろうかと。。。
そのためにも、薄く陽性を確認しただけでなく、もう少し検査は続けたほうがいいのかなと思います。

 

1日2回~3回と検査を細かく行う事で、排卵日の2日前という感覚をつかめるようなり、それは妊娠の確率をあげてくれるのではないでしょうか。
何度も使う事で、検査薬の使い方もマスターでき、妊活もスムーズに進むと思います。

 

バージョンアップしたワンステップ排卵日検査薬クリアは、他の検査薬と比べて陽性が早く出てしまうというデメリットもあるかと思います。
しかし、それは排卵前のLHサージの上昇をいち早く知る事ができるメリットでもあります。

 

>>ワンステップ排卵検査薬クリアの公式サイト

 

5.新しい排卵日検査薬で妊活を楽しんで

 

 

ワンステップ排卵日検査薬クリアのメリットは、LHサージを早く感知することで、排卵日の48時間前を知ることが出来る事です。

 

1番妊娠しやすいタイミングは、排卵日の2日前と言われています。
しかし、他の排卵日検査薬では、早くても36時間前しかわからず、排卵日の2日前を知ることはとても難しいとされています。

 

バージョンアップしたワンステップ排卵日検査薬クリアは、早めに陽性反応がでる事、陽性と陰性の判断が簡単となりました。
妊活している方にとっては、とてもメリットの高い排卵日検査薬だと思います。

 

排卵日の2日前を知る事で、仲良しのタイミングを取りやすいですよね。

 

排卵日の1日前だと、その時点で仲良しのタイミングをとらなくてはいけません。
もし、それが朝だったら?休日ならいいのですが、そうでなければ仕事に行かなくてはいけないし、その日の夜でもタイミング的には遅く過ぎる事はなくても、
ベストなタイミングだとは言いにくいかも知れませんよね。

 

それを考えると、やはり排卵日の数日前を知るのは本当に必要です。
たまには気分を変えて、夫婦で外食したり、お出掛けしたりと気持ちをリフレッシュさせてから仲良しのタイミングをとる事も出来ます。
お泊りなんかもしてみると、雰囲気も変わっていいかもしれません。

 

妊活は長く続くと、少し息苦しさも感じてくるものです。夫婦仲もギクシャクしてくるなんてこともあります。
こういったリフレッシュする事も取り入れることで、夫婦の会話も増えていいかも知れませんね。
妊活中でも楽しい気持ちになれるのは本当にいい事です。楽しく、リラックスしながらの妊活は、妊娠へとつながりやすいと思います。

 

妊活の為だけの仲良しではなく、気分転換を入れる事で妊活を抜きにした仲良しも繋がりますよね。
それって、男性にはとっても重要なようです。
義務の様なものでなくて、自分の意志で仲良しするって妊娠に繋がりやすいみたい。
夫婦の絆も深まりそうだし、一石二鳥かな。

 

これから妊活を始める方、少し妊活に行き詰っている方、バージョンアップしたワンステップ排卵日検査薬クリアを試してみるのもいいですよ。
他のものと比べるとお値段も安いので、これで本当にわかるのかな?と思うくらい簡易的なものです。
でも、バージョンアップもしてるので、安心して使って大丈夫です。

 

>>ワンステップ排卵検査薬クリアの公式サイト

バージョンアップしたアメリカ製の排卵検査薬で妊活すると、妊娠の確率が上がるって本当?記事一覧

セックスレスになると不妊治療はますます困難セックスレスは通常、半年~1年くらいあると、婚姻を継続しがたい事由として、裁判でも認められる可能性があります。そのため、子供が欲しい人は、セックスレスのまま「後で状況が良くなるでしょ」と安易に考えて結婚してしまうと、結婚後に大きな問題を抱えることになってしまいます。セックスレスということは、当然子作りがないので、子供ができない。妊活をしようにも、肝心な子作...

排卵検査薬がもしも陰性でも排卵検査薬を使用していつも陰性が出ている、という場合にはもしかすると不妊症である可能性があります。いつも陰性ばかりが出ているのであれば、不妊なのかどうかを早急に確認してみましょう。不妊症なのであれば、その不妊症の原因をしっかりと絶ち、妊娠の可能性を高める必要があります。不妊治療の正しい考え方としては、妊娠しにくい原因を治療して、妊娠の可能性を高めるということです。妊娠をし...