病院でのエコー検査と排卵検査薬

 

病院でのエコー検査と排卵検査薬のずれって、皆さんすごく悩んでいる人が多いんですね!

 

実は私も、すごく悩んでいて、ネットでチェックしてみたら、私と同じような悩みを抱えている人が多くて、ちょっとホッとしました。

 

ネットの意見を見てみると、医師も神様ではないので、確実に排卵している日を当てることは難しいっていう意見もあれば、

 

排卵検査薬はそれぞれのメーカーによって感知できる精度が違うのでアテにならないっていう意見もありました。

 

 

要するに、医者を頼っても、排卵検査薬に頼っても、限界があるってことですね。

 

ただ、エコー検査と排卵検査薬のずれが頻繁に起こると、タイミング指導の時に、「?」となってしまいます。

 

自分の中で、心に留めておければよいのですけどね。

 

やはり医師も排卵検査薬も、「絶対にココ!」っていう確信まではないのかもしれません。

 

あくまで、『予想』の域を出ないのかなって思います。

 

タイミング指導をしてもらう前は、医者の言うことを聞いていれば、すぐに妊娠出来るものだと思っていましたが。

 

そんな簡単なものではないんだなって思いました。

 

ただ、タイミング療法を実践している人にとっては、やっぱり排卵検査薬は便利ですけどね。

 

排卵検査薬と病院からのアドバイスがずれる?

 

排卵検査薬を自分で購入して妊活するか、ちゃんとお医者さんにタイミング指導をしてもらい妊活するか、すごく悩んでいる子がいます。

 

というのも、その子は数か月から、お医者さんに通ってタイミング指導をしてもらっているのですが、毎回エコー検査と排卵検査薬の結果にずれが生じているので不安になってきたそうです。

 

最初は排卵検査薬の方が、精度が悪いのかもしれないと思っていたようですが、

 

何か月も排卵検査薬を使っていると、自分で体調の変化を感じた時に、
陽性反応を示すので、どうも排卵検査薬の方が、自分の感じている排卵日の体調の変化に近いと思うようになったそうです。

 

 

逆に、医師からのタイミング指導を受ける時には、おりものの粘りも既になくなり、なんとなく排卵日が過ぎているような感覚があったそうです。

 

エコー検査と排卵検査薬のずれは、どっちを信用していいのか迷う原因になってしまいます。

 

そうなってしまうと、子作りのタイミングが難しいですよね。

 

もしもある程度病院に通って結果が出ないのであれば、思い切って、医師を変えてみるのも良いと思いますけどね。

 

医師も人間なので、100%正しいとは限りません。

 

やはり妊娠という結果に結びつかないのであれば、いつかは見直すべきだと思います。

 

 

 

排卵検査薬の不思議

 

妊活で病院に通って定期的にエコー検査を受けている友人がいます。

 

でも、その友人が最近悩んでいるのが、エコー検査と排卵検査薬とずれです。

 

病院からのタイミング指導やエコー検査から推測される排卵日と排卵検査薬の結果がずれると、確かに「どっちを信用すればよいんだろう」って迷ってしまいますよね。

 

友達も散々悩んだのですが、今通っている病院は、もうすでに1年くらいになるので、そろそろ病院を変えてみようかなって思っているようです。

 

もともと、エコー検査と排卵検査薬のずれに振り回されていたこともありましたし。

 

やはり同じ病院に何年も通って、子供が出来ないのは、その病院との相性が悪い可能性がありますね。

 

まあ、数年通って、ようやく出来たっていう人もいますが。

 

何年も通って出来ないより、ある程度見切りをつけて病院を変えたほうが良いんじゃないのかなって気持ちが傾いているようです。

 

ただ、不妊治療の場合は、やっぱり信頼できるお医者さんを探すっていうのが、すごく大事なようなので。

 

新しく信頼できるお医者さんが見つかれば良いのですが。

 

なかなかデリケートな問題なので、やっぱり人間的に好きな人じゃないと、相談しにくいっていうのはありますよね。

 

 

 

一喜一憂の妊活

 

妊活中って、妊娠検査薬や排卵検査薬の結果で一喜一憂して、精神的にすり減っていく部分ってありますよね。
すぐに排卵検査薬や妊娠検査薬を使って結果が出る人は良いですが。
やっぱり長期で妊活をしていると、精神的に疲れが出て来るケースもあります。
そういう妊活疲れが出てきた時、一度妊活から離れてみるのも一つの手段だと思います!
ずっと妊活・妊活って、気を張っていると、知らないうちにストレスになっていることもありますからね。
また、相手の男性の意見も、妊活がずっと長く続くうちに、徐々に変化をすることもあります。
本当に子供が欲しいのであれば、人工授精や体外受精など、より高度な治療へトライすることも視野に入れないといけませんしね。
特に30代後半や40代になってくると、タイミング法なんかで何年も時間をとられている場合ではなくなってきます。
それこそ、40代で真剣に子供を考えている人は、最初から体外受精希望で、覚悟を決めているケースも多いそうです。
いつになったら受精するかわからないタイミング方法よりも、やっぱり体外受精に賭けてみたいという人はいます。
20代で時間に余裕がある人はタイミング方法でも良いと思うんですけどね。

 

 

排卵検査薬を使ってタイミング法に挑戦

 

排卵検査薬を使ってタイミング法に挑戦しても結果がなかなか出ないことで不妊に悩む人って多いです。
排卵検査薬で結果が出ないとなると、もう残されているのは病院での治療になってきます。
病院での治療となると、働いている人の場合、『通院時間の確保』というのが、大きな問題になってきます。
当然奥さんだけではなく、旦那さんも仕事を休んで通院しないといけないケースも出てきます。
会社を休んでまで不妊治療に協力してくれる男性っていうのは、実は少なかったりします。
「通院だったら子供なんて要らない」と、頑なになってしまう人っていますからね。
私の友人の旦那さんが、まさにそんな人でした。
基礎体温をつけてのタイミング法くらいだったら付き合うけど、病院で治療するくらいだったら、夫婦二人で良いっていうのも、わからなくもないですけどね。
ただ、男性はそんなこと言っても、後になってから「やっぱり子供が欲しい」となった時に、いくらでも子作りが可能ですが、女性の場合は、アウトになってしまうこともあるため、すごく複雑な気持ちですよね。
女性は出産のタイムリミットがあるとしっかりわかってくれないと、やっぱり男女で子作りへの温度差が出てくるのかなって思います。

 

 

排卵検査薬を試す時間帯

 

排卵検査薬の結果って、試す時間帯によって結構違ってきます。
朝は何も反応がなかったけど、夜になったら陽性になるなんてこともざらです。
そのため、具体的な排卵日を知りたい人は、排卵検査薬を1日に複数本試すことをおすすめします。
排卵検査薬の結果がそれぞれ変化したりするので、1日一本の時よりも、「排卵日が近づいているな」というのが、何となくわかったりします。
でも、排卵検査薬って、基本的には女性主体の妊活方法ですよね。
もしも男性に不妊原因があった場合、どんなに女性が頑張って検査を受けて、タイミングを狙っても、男性側の問題が解決しない限りは、一生どうにもなりません。
特に最近は、男性の不妊が多くなっており、男性の治療が必須になる場合もあります。
男性の不妊って、意外なことで起こるようで、膝の上でノートパソコンを使用している人は要注意なんですってね。
精子は熱に弱いので、膝にノートパソコンを置いて作業をする癖がある人の精子は、精子の数が少なくなったりする可能性があると指摘をされています。
また、仕事によるストレスが大きければ大きいほど、ホルモンバランスが崩れて、不妊の原因になりますので、やはり男性の健康というのも大事になってきますね。

 

 

排卵検査薬で排卵日はちゃんとわかる?

 

排卵検査薬を使い慣れている人は検査結果から、排卵日がある程度どのくらいで起こるのか、よくわかると言いますね。
初心者の人は、排卵検査薬の結果だけを見ても、「陽性反応は出たけど排卵っていつ起こるんだ?」と悩みますけどね。
でも、排卵検査薬を使っても、「ここまでやってダメだったら病院へ行く」という期限を決めておく方が良いと思います。
というのも、タイミング法で1年とか2年もかけるのは非常に妊活にとって効率が悪いからです。
特に30代や40代の場合、タイミング法に何年も時間を掛けている余裕はありません!
一刻でも早く、有効な治療方法に挑戦しないと、そのうち採取できる卵子や精子が尽きてしまい、子供を諦めることになってしまいます。
特に最後の手段ともいえる体外受精は、妊娠できる人は、大体3回以内で妊娠に至るケースが多いです。
5回、8回と長く続けていれば出来るというものではありません。
体外受精では、質の良い卵子を採取しないといけないですし、肉体的な苦痛もかなり大きくなってきます。
でも、そうした専門知識を必要とする治療をどんどんと施していかないと、子供を生める期間が過ぎていってしまいます。
タイミング法への見切りというのが必要になると思います。

 

 

排卵検査薬の結果にドキドキ

 

妊娠検査薬や排卵検査薬の結果を見る時って、すごくドキドキしませんか?
特に排卵検査薬の結果から良いタイミングで子作りが出来たんじゃないのかって思った時には、妊娠せ検査薬を試すのが待ちきれなくなってしまいます!
排卵検査薬も大量にフライングで消費してしまいましたが、妊娠検査薬も同じく大量消費してしまうことが沢山ありました!
排卵検査薬の時には、海外製の排卵検査薬を使っていたので、大量消費してもそれほど出費は痛くなかったですけどね。
妊娠検査薬も何本も使用すると、結構お金がかかりますので、ネットの通販とかで安くなっている時に多めに購入しておくようになりました。
排卵検査薬を使う人は、それと同時に妊娠検査薬も一緒に購入しておく方がおおすすめです。
やっぱり妊活が上手く出来たと、自分で思っている時には、早く妊娠判定を見たくて、そわそわしてしまいます。
勿論、まだまだ出る訳がないと思いつつも、早く妊娠の陽性判定を確認したくて、どうしてもフライング気味になってしまいます。
でも、そこまで期待させておいて、実際には妊娠していなかった・・・となると、逆にすごいがっかりしてしまいます。
子供が出来るまでの道のりって本当に長いですよね。

 

病院でのエコー検査と排卵検査薬記事一覧

排卵検査薬の検査結果は2タイプの表示排卵検査薬には、濃度によって線が表示されるタイプとデジタル表示タイプがあります。濃度表示タイプは、妊娠検査薬でもよくあるけど、規定のLHホルモン値を感知すると、線が浮き上がります。でも、線の浮き上がりが、薄かったりすると、判定がイマイチ微妙になるので、「もう一回使うか」ってなってしまいます。そうなると、排卵検査薬の減りが早くなるので、2度手間になってしまうのがネ...

排卵検査薬に一喜一憂私は最初にドゥーテストの排卵検査薬を説明書の画像と比べて、判定していたのですが。あんまりにも陽性反応が薄すぎて本当に陽性なのか陰性なのか、わからない時があります。最初はイチイチ、陽性かと期待をしていましたが、経験を積むうちに基礎体温の記録と比較することがやっぱり一番だと思いました。ドゥーテストの排卵検査薬で説明書の画像よりも薄い陽性が出た場合、まず基礎体温から本当に陽性反応が出...

自営の方が高齢の妊活で有利!?ドゥーテストは人気の排卵検査薬なので画像もしっかりアップされていて、購入前に中身がどんな風になっているのか事前にチェックすることができます。ドゥーテスト以外にも最近の排卵検査薬はマイナーなテスターでもネットで簡単に画像を拾えるので、中身を知らないまま購入しないといけないっていうケースは減っていると思います。ただ、自営か、サラリーマンかっていうのは、実は妊活で重要になっ...

卵胞が子宮内に残ってしまった『残留卵胞』不妊治療をしていると『残留卵胞』という言葉をたまに耳にします。お医者さんなどでは、残留卵胞がある場合、排卵検査薬を使ったタイミング法などの妊活は一時中断することをアドバイスされます。残留卵胞というのは、通常生理と共に流れてしまう卵胞が何らかの理由で子宮内に残ってしまったことを指します。基本的には、残留卵胞は次回の生理予定日までには、黄体となり体内へ吸収される...

本格的な不妊治療を考え始める親のプレッシャーが激し過ぎると、妊活にとってデメリットにしかなりません。妊活のプレッシャーを受けながら子作りをすることが、精神的には悪く作用することの方が多いですからね。妊活って、タイミング法で試してすぐに子供が出来るんだったら全然ラッキー!問題なのは、何回も何回も試しているのに子供がなかなか出来ない時。やっぱりそうなってしまうと、「病院に通わないとだめかな」って、本格...

障害のリスクが高くなる高齢出産タイミング法でよく使われている排卵検査薬『ワンステップ』。タイミング法ってあんまりお金がかからない妊活方法ですが、排卵検査薬『ワンステップ』もテスターを無駄使いしていれば、それなりの金額になってしまうので、やっぱり基礎体温でしっかり使用するタイミングは見極めたほうが良いと思います。よく妊活の平気スタート年齢は35歳くらいって言われていますよね。でも、最近は妊活は20代...

スキンシップ不足のカップルは妊活が必要ワンステップ排卵検査薬を利用して妊活している人のブログって、かなり多いですよね。ワンステップ排卵検査薬のようにブログで紹介されていると、初心者の人は自分でも使ってみようかなって思いますよね。タイミング法って、大事なのはどの排卵検査薬を使うかではなく、やっぱり男性の協力が必要です。特にセックスレスはバカに出来ない問題ですよね。当事者からしたら、これほど深刻な問題...

男性も40前には子供が欲しい理由排卵検査薬『ワンステップ』は妊活中のブログを記録している人の記事を読んで判定なんかを参考にしています。ワンステップ排卵検査薬って判定の仕方がちょっとわかりにくい時がありますので、妊活ブログをやっている人の記事がすごく役立ちます!でも、40代で妊活しようと思う人は、基本的に経済的な余裕がある人か、自営じゃないとダメ。サラリーマン家庭は、40代から妊活すると、将来的に退...

子作りのプレッシャーから妊活で喧嘩私は妊活ブログを見るまで、ワンステップみたいな排卵検査薬は1日1本で十分かと思っていました。で、実際に使ってみたら、生理周期が不順なせいか、1日1本じゃ全然タイミング取れないで困ってしまいました!同じく生理周期が不安定な妊活ブログの管理者さんの記事を見たけど、やっぱりワンステップみたいな排卵検査薬を1日2、3本使ってチェックしている人がすごく多くて、1日1本はやめ...