卵胞が子宮内に残ってしまった『残留卵胞』

 

不妊治療をしていると『残留卵胞』という言葉をたまに耳にします。
お医者さんなどでは、残留卵胞がある場合、排卵検査薬を使ったタイミング法などの妊活は一時中断することをアドバイスされます。
残留卵胞というのは、通常生理と共に流れてしまう卵胞が何らかの理由で子宮内に残ってしまったことを指します。

 

基本的には、残留卵胞は次回の生理予定日までには、黄体となり体内へ吸収されるので、多くの場合がそのまま自然経過を待ちます。
残留卵胞とは、もともと受精が出来ないような質の悪い卵胞のため、子宮内に残っていても、妊娠しやすいというわけではありません。
残留卵胞が自然に消えて行かない場合は、病院で治療を受ける必要が出てきます。

 

排卵検査薬を使うタイミング法でも残留卵胞は妊活への大きな障害になりますので、しっかり病院に通って経過を観察しないといけません。
残留卵胞は排卵促進剤を使用したり、ホルモンバランスが乱れたことによって生じるケースが多いと言われています。

 

無排卵で排卵促進剤を使い、その結果、ホルモンバランスが崩れてしまい、残留卵胞は生じるというパターンです。

 

排卵促進剤を使わなくても、きちんと排卵が行われるような体質に整えると言うことが非常に大事になってきます。

 

子宮内から残留卵胞が消えるまでタイミング法をお休み

 

残留卵胞があると、排卵検査薬でタイミング法に挑戦しても、難しいって言いますね。
残留卵胞がある場合は、子宮内から残留卵胞が消えるまで排卵検査薬によるタイミング法をお休みした方が良いそうです。
自然に消えない場合は、病院での処置が必要になる可能性もあるそうなので、バカに出来ない問題です。

 

でも、40代の高齢出産って、やっぱりできるだけだけ避けたいもの。
特に初産は、出産リスクが高いと聞きますので、40代で産むのであれば、やっぱり30代で一人は生んでおきたいなって思いました。
30代で一人を生んでおけば、なんとなく二人目も大丈夫そうな気がしてくるのは、やっぱり経験の違いなのかなって思いました。

 

経験がないことを40代から始めるのはやっぱり辛い事です。
どちらかといえば、やっぱり40代から妊活するのは避けたいところです。
サラリーマン家庭だったら、30代で生み終えるのが一番だろうなって思います。

 

自営であれば、定年がないので、40代になってもなんとかできると思いますが。
やはりサラリーマン家庭は早めに生み終える方が将来的に安心ですね。
自分の老後と子供の育児が重なってしまうのは、やっぱり精神的にも金銭的にも、負担が大きいです。