障害のリスクが高くなる高齢出産

 

タイミング法でよく使われている排卵検査薬『ワンステップ』。

 

タイミング法ってあんまりお金がかからない妊活方法ですが、排卵検査薬『ワンステップ』もテスターを無駄使いしていれば、それなりの金額になってしまうので、やっぱり基礎体温でしっかり使用するタイミングは見極めたほうが良いと思います。

 

よく妊活の平気スタート年齢は35歳くらいって言われていますよね。
でも、最近は妊活は20代でも早く始めた方が良いっていう意見が広まっており、どんどんとこれからも早く始める人が多くなるかもしれませんね。

 

特に健常児を生みたいのであれば、やっぱり若い頃の方が安心です。
染色体の異常が多くなってくる高齢出産になってしまうと、やっぱり障害のリスクが高くなってしまいますからね。

 

障害児でも子供が欲しいと言う人だったら良いですが、障害児だったら子供をおろす予定の人だったら、やっぱり早めに子作りをしたほうが理想的です。
妊活も20代で早すぎるということはありません。
出来るだけリスクが低いうちに産んでしまったほうが、やっぱり女性にとってはメリットが大きいのかなって思いました。

 

子供が欲しいと思ったら、やっぱりすぐにスタートするのが良いですね。

 

 

40代の出産は産後も苦労

 

ワンステップの排卵検査薬でタイミング法に挑戦していても、あんまり結果がついてこないのであれば、排卵検査薬を変えてみるのも一つの手段ですね。
タイミング法で使用する排卵検査薬は何もワンステップだけではありません。

 

ただ、よく言われていることではありますが、40代って、本当に体力がなくて、育児が辛くなってくると言いますね。
だからこそ、30代で何とか子供が小さいうちを乗り切りたいっていう人は多いと思います。

 

40代でも、子供が既に中学生くらいだったらそれほど体力が要りませんが。
小学校の低学年くらいまでは、やっぱりどうしてもお母さんの体力が必要になりますよね。
10歳になるくらいまでは特に母親の手を焼かすので、やっぱり30歳くらいに子供を生んでおくと、40代になってから育児が比較的に楽になると思います。

 

40歳から10年程度小さな子供を育てるのは、やっぱり体力的にきつい物があると思います。
子供が10歳の時にようやく母親が50歳になりますからね。
50近くで小学校の子供を育てるのは、やっぱりきつくなりますよね。

 

50代になった頃には、やっぱり高校生くらいの子供がいた方が、育児はホッとすると思います。
育児は最低でも20年くらいかかるので大変ですよね。