芸能人の妊活は真似ちゃだめ!

 

よく芸能人は40代での出産が多いですが、一般人がそれを信じてはいけないと思います!
だって、芸能人は定年退職がなく、いつまでもやろうと思えば稼げる仕事。
稼ぎだって、サラリーマンとは全然違います!

 

そのため、経済的に豊かな芸能人の真似をしても、サラリーマン家庭の一般人が上手く行くはずないのです!
特に60歳定年退職のサラリーマンは、40歳から妊活するなら定年退職後の育児も覚悟しないといけません!
経済的に無職になる年齢なのに、まだ育児が続いている!

 

そのため、40代っていうのは、限られている人しか生めない領域になっていると思います。
「40代でも芸能人が産んでいるから」と甘く考えていると、将来的に老後の不安が付きまといますからね。
やはり妊活は早くからするべき!
特にタイミング法なんか、自分ですぐにでも始められるんですからね。

 

外国製の排卵検査薬は価格が安いので、妊活でタイミング法をやろうと思っている人にはおすすめです。
外国製の排卵検査薬は日本製に比べてかなり割安ですからね。

 

1本当たりの価格が50円~100円未満で、失敗してもそれほどお財布に痛くありません。
生理周期が不安定な人は、出来るだけ安い排卵検査薬を使ったほうが、失敗も多いので良いと思います。

 

不妊治療は優秀な病院が近くにあるか

 

妊活ブロガーさんの記事を見ていたら、排卵検査薬で偽陽性が出る場合、稀に妊娠反応を示していることがあるそうですね。
通常、排卵検査薬はヒト絨毛性性腺刺激ホルモンは検出しないようになっているはずですが。

 

海外の排卵検査薬なんかではヒト絨毛性性腺刺激ホルモンを検知して陽性反応が出ることがあるようです。
排卵検査薬の偽陽性には、色々な原因がありますが、妊娠の場合は妊活をしている人からしたら、嬉しいエラーですね。
でも、不妊治療の病院は地方で生活しているとすごく難しい。

 

というのも、県内に必ずしも良い不妊治療の病院があるとは限らないからです。
都心であれば、不妊治療の専門病院があっちこっちにありますが、地方の場合は、不妊治療で実績がある病院が1件もなかったり。
隣の県に行かないと、無い場合もあります。
そういう環境の場合は、やはり妊活が非常に大変です。

 

隣県にある病院だと、チョット昼休みに抜けて・・・なんてことが出来なくなってしまいますからね。
通院だけで1時間以上かかってしまうような場合は、かなり難しいと思います。
優秀な病院が近くにあるかないかっていうのは、それだけ不妊治療にとって大きいメリットなので、環境って大事だなって思います。