MENU

体外受精に比べれば排卵検査薬なんて安い!

 

皆さん、体外受精の費用って知っていますか?

 

私はてっきり、1回10万円くらいかと思っていたんですが、平均的に30万円以上が相場なんですってね。

 

うちの1カ月分のお給料が吹っ飛ぶくらいの金額でびっくりしました!

 

そんな高い治療をしても、それが必ずしも、子宮に戻して、無事に成長するっていう確証はないんですってね。

 

出来ない人は、それを何回も挑戦するわけで・・・。

 

本当に不妊治療で、何度も何度も挑戦されているご夫婦には頭が下がります。

 

身体の傷みは勿論のこと、経済的な負担も、本当に大きいんですね。

 

10万円で何回もトライできると思っていた自分が恥ずかしく思いました。

 

私の友達で、妊活をしている友人が薬局で排卵検査薬を購入して、挑戦しているのを長年見ていたから、「薬局で排卵検査薬で買うのではなく、病院に行ったら?」なんて言っちゃったことがありましたが。

 

そりゃあ、不妊治療を本格的にはじめると、それだけの金額が必要になるんだったら、気軽には病院に行けないよな~って思いました。

 

補助金制度が出来る前は、ちょっとした検査などで、数万円、数十万円の自腹を払っていたことを考えると・・・。

 

やっぱり薬局で排卵検査薬を使って、タイミング療法にかけたくなる気持ちもわかります。

 

 

子作りは排卵検査薬を使っても簡単じゃない!

 

20代も後半になってくると、周りからの干渉がすごい!

 

結婚していない人は、まずは実家から「結婚しろ!」と干渉され。

 

子供を産んでいない人は「子供を生め!」と干渉され。

 

ようやく、結婚、出産をして、干渉から解放されます。

 

私の時なんかは、実母から「そんなに子供が出来ないんだったら排卵検査薬使えば?」とか「排卵検査薬は排卵前に薄い線が出るからその時が子作りのチャンスよ!」とか。

 

もう触れてほしくないような事ばかり、毎日電話が来て説教されて。

 

嫌になってしまったことがあります。

 

男性の場合も、やっぱり親から何か干渉されたりするのでしょうか?

 

女性の場合は、特に子供が産める時間が限られているので、親からの干渉がすごいですね。

 

排卵検査薬も最近は気軽に購入できるようになったので、使ってみるのは一つの方法として良いと思いますけどね。

 

でも、夫婦として、まだまだ二人で過ごしたいという場合、やっぱり子作りのタイミングってありますよね。

 

おまけに、排卵検査薬を使い排卵前に薄い線があらわれても、48時間以内に性交渉することが理想とされているので、旦那さんが出張とかで2、3日いなかったらどうしようもないですし。

 

子作りはそんな簡単なものではないと思います。