有効に妊活できなくなってしまう「残留卵胞」の問題

 

排卵検査薬でタイミング法をやっていると、不妊治療の病院で卵胞検査なんかを受けている人は「残留卵胞」の問題に直面することがあります。
残留卵胞があると排卵検査薬を使うタイミング法は、有効に妊活できなくなってしまうので、非常に困ってしまいます。
ただ、不妊治療の通院って、男性は嫌がる人が本当に多い!

 

自分の旦那さんは違うと思っていたけど、実際に不妊治療で協力してほしいと通院を提案すると、やっぱりうちの主人もあんまり良い返事ではありませんでした。
タイミング法への協力は嫌がらなかった主人でも、やっぱり不妊治療の通院ってなると話は別のようです。
その一番の原因は、やっぱり『仕事を休むことへの抵抗』です。

 

男性の場合、仕事に賭けている人も多いですし、何よりも妊活をするために費用、妊活が上手くいって子供を授かった時の費用を考えれば、仕事を休みたくないっていう気持ちも当然です。
でも、不妊治療の通院となると、仕事があったとしても病院の方から指定があると、休まないわけにはいきませんからね。
自分達の都合を言っても、人気のある不妊治療の病院は、予約制で混んでいるので、なかなか自分思い通りには進まないのが歯がゆいですよね。

 

残留卵胞は妊活にとって非常に厄介

 

残留卵胞は排卵検査薬を使用するタイミング法にとって非常に厄介です。
もともと排卵検査薬の精度は100%ではないので、残留卵胞に反応して排卵検査薬が陽性反応を示す可能性もあります。

 

しかし、残留卵胞は、受精ができないような劣化した卵胞であるケースも多く、妊活をする時には、困った存在です。
でも、不妊治療の病院って、田舎の場合、近くになくて、近隣の県外まで出ることがあるんですよね。
特に腕が良い不妊治療の病院は、常に患者さんで一杯です!
そのため、不妊治療の病院の方が、やっぱり強いんですよね。

 

その病院でみてもらいたいのであれば、言うことを聞くしかありません。
そのため働いている人は仕事を休むことになってしまいます。
妊活をする人は、専業主婦の方がやっぱり向いています。

 

仕事をしている人だと、どうしても仕事は休みにくいし。
いつまでも授かれなければ、ずっと仕事を休み続けることになってしまいます。
ただし、妊活に専念するのであれば、最終手段として仕事を辞めてしまうことも考えた方が良いですね。

 

特に出産のタイムリミットが迫っている人は考えてしまいますよね。
40代であれば、もう時間がないので、早々に決断しないといけない状態になってしまうかもしれません。