不妊治療での苦労やお金の心配

 

排卵検査薬のwondfoとdavidは同じ中国製なので比較されることが多いです。
でも、wondfoとdavidの排卵検査薬の比較としては、やはり感度が一番の違いです。
wondfoの方が感度が良いので、感度を重視して選んでいる人にはwondfoはおススメです。

 

でも、加藤貴子さんが、体外受精も顕微授精も全部経験したって言っていましたね。
体外受精も高いけど、顕微授精はもっと高いって言いますよね。
採卵た凍結1回で30万円~50万円とか、本当にびっくり!

 

そして子宮に戻す費用が10万円~20万円くらいと、本当にお金がかかりますよね~。
そんな体外受精や顕微授精を何回もトライできるっていうのは、やっぱり芸能人だからできたことなんじゃないのかなって思いました。

 

一般人でも、ここまでトライできるのは、やはり経済的に余裕がある人だと思います。
タイミング法は誰でもできますが、体外受精や顕微授精は、誰でも挑戦できるものではありませんからね。

 

経済力が物を言う治療方法なので、やっぱり考えないとダメなのかなって思いました。
タイミング法で授かれれば、本当にラッキー!
それ以降の不妊治療での苦労やお金の心配を考えたら、どうやっても、タイミング法で出来た方が楽ですからね。

 

子供がいる生活を望む人は妊活が大事

 

排卵検査薬のwondfoもdavidも海外製品ですごく安いけど、感度を比較するとwondfoの方が全然性能が上のようですね。
でも、wondfoだと感度が良すぎて陽性反応ばっかり出るっていう意見も多いから、どっちの方が合っているかっていうのは、実際に使ってみないと分らないかもしれませんね。
でも、女性の本音は、第一子は20代で産みたいっていう人が多いと思います。

 

30代の前半でも良いのですが、二人や三人の出産を考えている人は、ある程度余裕を持って育児をしたいので、やっぱり間隔は空けますよね。
そう考えると、第一子は20代でないと、高齢出産の確率がドンドンと高くなっていきますね。

 

大卒の場合は、22歳とか23歳で結婚する人はかなり少ないですが、高卒の人は、それくらいで結婚したり、出産をする人も多いですよね。
将来的に子供を沢山産みたい人だったら、高卒で早く結婚してしまうのも一つの手段なのかなって思います。

 

まあ、晩婚化で結婚自体が難しくなっているので、20代の前半で子供を生める覚悟が出来る人はなかなか少ないと思いますけどね。
子供がいる生活を望む人は、やっぱり早くに結婚した方が良いのかもしれませんね。