・高齢出産のリスク

 

 

近年、高齢出産というフレーズを耳にする機会も多くなり、実際に高齢で妊活していたり、出産する方も増えているのも事実です。

 

 

高齢で出産する人が多くなったといいますが、実際には高齢出産と呼ばれるのはいつからだと思いますか?

 

通常は35歳以上で初産となると、高齢出産と呼ばれます。

 

しかし30歳だから大丈夫、34歳だからあと1年あるし大丈夫、と余裕に思っていると危険かなと思います。

 

今は35歳から高齢出産ですが、昔は30歳から高齢出産と呼ばれていたんです。

 

時代のニーズで変わっただけで、30歳を過ぎれば妊娠する確率も減りますし、出産も辛くなってくるものです。

 

年齢が上がれば上がるほど、リスクが高まっていくというのは事実です。

 

だからと言って、高齢出産になる年齢だとしても、リスクが高いから無理と考えられてしまうのは違うかなと思います。

 

例えば、実年齢よりも体内年齢が驚くほど若い方もいるし、逆に体内年齢が驚くほど老けている人もいます。

 

それと同じで、出産のリスクにも個人差はあると思います。

 

なので、年齢が35歳以上だからと片付けられて欲しくないのです。

 

20代で不妊治療する方もいれば、43歳で自然妊娠する人も実際にいるんです。

 

本当に赤ちゃんを授かるという事は、奇跡的な出来事なんですよね。

 

 

年齢だけを気にして諦めたり、不安に思いすぎてしまうのではなく、高齢だからこそリスクを減らしより良い妊活をする事を心掛けてみるのはどうでしょうか?

 

少し工夫するだけで、素晴らしい未来がまっているような気がしませんか?

 

ここでは、高齢をリスクに感じない、ヒントを紹介出来たらなと思っています。

 

 

 

・「高齢出産」というフレーズに振り回されないように!

 

妊娠を希望する頃には高齢に当てはまったり、現在そうであるとう場合でも、高齢出産になってしまうという事に振り回されないようにしてほしいです。

 

もちろん、高齢で出産することに不安やリスクは付いてくるものなので、不安を感じるのは当たり前だと思います。

 

だからといって、高齢によるリスクばかりを鵜呑みにしてしまうと、頑張ろうと思っていた妊活や出産も、よりリスキーに感じてしまうかもしれません。

 

高齢だからこそ、産後の生活費に余裕があったり、おおらかな気持ちで子育て出来たりとメリットもあることをお忘れなく。

 

もし、妊娠することにうまくいかなかったとしても、高齢だったから、もっと早く妊活しておけば良かった、仕事を辞めていればよかった

 

などと過去を後悔するようなことも避けて欲しいと思います。

 

これまで子供を授かる機会がなかったのは、自分の人生のせいではなく、妊娠のタイミングがなかっただけの事です。

 

 

 

今の日本では、高齢出産となる女性がたくさんいます。

 

昔と比べて、高齢出産が増えていることで、今では高齢出産が当たり前になっているという事がわかりると思います。

 

この問題に悩んでいる人や不安に思っている人は、本当にたくさんいて、自分だけが特別なわけではないのです。

 

皆が色々な現実に向き合っている、自分は一人じゃないという事を忘れないで、悩みすぎないようにしていきましょう。

 

高齢出産という事だけに振り回されるのではなく、自分の現状を受け入れて前向きに妊活をしていきましょう。

 

 

妊娠、出産は本当に奇跡的なことで、女性は命をかけて出産をします。

 

本当に本当に出産にはパワーが必要なのです。初産だったら尚更パワーが必要になります。

 

これは、20代だから30代だから40代だからという問題ではなく、すべての出産する女性に当てはまる事なんです。

 

 

問題は年齢だけでなく、自分自身の健康と強い気持ちが必要です。

 

それに、妊娠中の大切な赤ちゃんを育て、出産をするお母さんの体力が一番必要だという事を忘れないでくださいね。

 

 

高齢出産だとしても自分が考えるのは、妊活・出産にベストを尽くせる気力体力を備えておくこと。

 

高齢出産のリスクだけを考えて、不安に思うのはおいておきましょう。

 

とはいえ、高齢出産を推奨しているものではないですよ。

 

高齢に当てはまらない人が、まだ時間に余裕があるから大丈夫と余裕を持つのはおすすめできません。

 

 

 

 

・排卵検査薬を活用して妊活してみましょう

 

妊活をしている方にとって、必須アイテムが排卵検査薬になると思います。

 

もちろん、基礎体温計を使う事もそれに似た役割をすると思いますが、排卵検査薬の方がより排卵日の2日前を知ることが出来ると思います。

 

 

まだまだ認知度の低い排卵検査薬ですが、最近ではCMもしているし、ドラッグストアなどでも購入することが出来るようになっています。

 

妊活をしていないとなかなか行くことのないコーナーですが、妊娠検査薬のそばに置いてありますよ。

 

 

 

排卵検査薬とは、ずばり排卵を察知する検査薬です。

 

排卵がおこる前に上昇する黄体ホルモン(LHサージ)を察知することで、陽性の反応を示す検査薬です。

 

LHサージが上昇し始めると、その時から排卵が約48時間後に起こるということが分かります。

 

 

もちろん高齢の方の妊活用だけではなく、すべての年代の妊活者に必須のアイテムだと思います。

 

 

排卵検査薬を使う事で、毎月ちゃんと排卵するのかどうかを知ることもできます。

 

毎月同じ周期で生理があるようでしたら、排卵日の日程も予想が付きやすいので排卵検査薬を使う必要はないと思います。

 

しかし、排卵は毎月必ずあるものではありません。

 

それを確認したり、いつもと違う感じならホルモンバランスの乱れのを見つける事にも役立ったりします。

 

 

現在、不妊治療を受けていたり、産婦人科で排卵期を予測してもらっている場合には必要はないかなと思います。

 

病院でも初めは基礎体温やタイミング法からの指導が入ると思いますので、やっておいて損はないのかな。

 

 

病院へ行く時間がない方、何もせずに不妊治療の相談へ行くのは抵抗がある、まずは自己流でタイミングをとって妊活したいと思っている方には、
まず排卵検査薬を使う事をおすすめします。

 

ご自身の生理の周期や排卵があるかを確認することが出来るのはもちろん、
排卵検査薬を使う事で排卵前、排卵時、排卵後のタイミングを目で確認し、その時の身体の変化を実感することが出来ると思います。

 

そして、使い続ける事でだんだん体調の変化などでも気付けるようになると思います。

 

 

排卵検査薬はネットでも手軽購入することが出来るので、ドラッグストアなどで買う手間も省けますよね。

 

 

 

・ワンステップ排卵検査薬の品質とコスパ

 

妊娠する確率が低くなる原因は色々あり、個人差もあります。

 

原因の一つには高齢もありますが、ホルモンの分泌の問題や婦人病、パートナーの問題などの原因も考えられます。

 

深い原因ではなく、仲良しする回数が少ないために、妊娠しないという事もあるのかなと思います。

 

 

どちらにしても、なかなか妊娠にたどり着かないなぁと思っている人は、排卵検査薬を使って妊活をする事も大切です。

 

最近ではネット通販で排卵日検査薬が購入できるのですが、ワンステップ排卵検査はコスト的にも品質的にも、購入しやすさにも長けています。

 

他の排卵検査薬と比べてみても、50回分で4300円以下とかなりのコスパ。

高齢出産だから排卵検査薬を使って妊活してみましょう記事一覧

タイミング療法で定番の排卵検査薬妊活をしている人がよく利用する方法の一つに『タイミング療法』があります。いわゆる、体外受精とか高度な治療ではなく、排卵日に合わせて、子作りをすることです。病院で指導されるタイミング法は、エコー検査を利用します。ところが、最近は病院のエコー検査の結果と市販で売っている排卵検査薬の結果がずれるケースが多く、悩んでいる人が多いのです。病院で医師に診察にしてもらっている人に...

妊活するならデジタル表示の排卵検査薬の方が良いの?最初に妊活を始めた時に、わかりやすさを重視して、デジタル表示の排卵検査薬の使っていました。実際に使ってみて、結果がはっきりしているから、最初のうちはデジタル表示の排卵検査薬で良かったと思いました。でも、妊活期間が長くなってくると、今度は排卵検査薬の使用量が多くなり、当然出費も気になるようになってきます。排卵検査薬って、国産のデジタル表示の排卵検査薬...