妊活のために夫婦で一緒にサプリメント

 

排卵検査薬選びで迷っていた時に、よくワンステップの排卵検査薬は口コミで「薄い陽性反応が陽性なのか陰性なのかわからない」という意見が印象的でした。
排卵検査薬『ワンステップ』って、当時はコントロールラインと同じくらいの濃い線が出た時が本当の陽性だったので、薄い陽性が出た時の見極めがすごく難しかったと言われています。

 

でも、改良後は排卵検査薬『ワンステップ』で薄い陽性が出ても、それは濃い陽性と同じ判定となるそうで、陽性反応は薄くても濃くても同じ扱いとなったそうです。
ただ、男性側に不妊の原因なんかがあったりすると、今度はタイミング法をやっていても、無駄になってしまいます。

 

男性側に問題がある場合、大体は無精子症とか、精子の質が悪いことが多いです。
精子は数が少なすぎても、動きが悪くてもダメなんですよね。

 

受精するのには、質の良い卵子と精子がやっぱり大切。
体の内側から健康を求めないと、見た目の若さだけでは、妊活の本当の目的は達成できなくなってしまいます。

 

卵子や精子の質をよくするために、サプリメントを飲む人も多いくらいですからね。
夫婦で一緒にサプリメントを飲むのは、妊活に向けて足並みを揃えると言う意味でも良いと思いますけどね。

 

夫婦の気持ちの温度差が妊活の成否に影響

 

ワンステップのような排卵検査薬の口コミは、あくまで参考程度に思っておくのが一番です。
というのも、やっぱり排卵検査薬っていうのはワンステップだけではありませんが、どの排卵検査薬も相性があるからです。

 

LHホルモンの分泌量が多い人は、感度が良い排卵検査薬との相性が悪いですし。
逆にLHホルモンの分泌量が少ない人は、感度の悪い排卵検査薬を使うと相性が悪いと言われています。
結局、使ってみて、自分がピンとくる排卵検査薬が一番相性が良いってことだと思います。

 

でも、自分に合う排卵検査薬を見つけても、最終的には旦那さんの協力が必要!
旦那さんが嫌がってしまうと、やっぱり結果が出ません。
ただ、あんまり妊活とか不妊治療のプレッシャーを男性にかけすぎてしまうと、男性が浮気や不倫に走ってしまうこともあるますし。

 

妊活のストレスをかけすぎてしまうことが、夫婦仲を壊すことになってしまうこともあります。
女性は子供が欲しくて必死だけど、男性はそこまで必死になる理由がわからない人の方が多いと思います。

 

そういうちょっとした気持ちの温度差がドンドンと広がると、結果的に離婚とかにつながっていきますよね。
不妊治療の仕方っていうのは、やっぱり考えないとダメだなって思います。