精神的なプレッシャーは妊活にNG

 

タイミング法に挑戦している人は、ワンダフォーのような排卵検査薬で排卵検査薬の出費を減らすことがおすすめです。
ワンダフォーの排卵検査薬は1本当たりの価格が安いので、失敗しても出費が痛くないのがメリットです。

 

ただ、それよりももっと大事なのは、子供のことを思うのであれば、親は子供に妊活のプレッシャーを与えないことだと思います。
やっぱり子供に妊活のプレッシャーを与えてしまうと、密かに不妊治療をしている夫婦にとっては、すごく苦しい状況になってしまいます。
精神的なプレッシャーほど、夫婦を追い詰めるものはありません。

 

やっぱり子供のことを考えるのであれば、親は黙っている方がいいのかなって思います。
決して子供が出来なくても、女性だけを責めるようなことはしてはいけないと思います。

 

言わないだけで、男性側に不妊の原因があることもありますからね。
親の余計な一言によって夫婦仲がぎくしゃくすることもありますからね。

 

子供達のことは子供に任せた方が、孫は自然と出来るような気がします。
精神的なプレッシャーかけて、百害あって一利なしです!

 

気持ちを考えられないような親だと、やっぱり子共と徐々に距離が離れてしまうこともありますから注意が必要です。

 

子作りのプレッシャーが妊活の最大の敵!?

 

排卵検査薬は楽天でまとめ買いをするとポイントも貯まるので、いつも楽天で購入するようにしています。
排卵検査薬は楽天で購入するとか、一カ所に決めておくと、ポイントが貯まりやすいし、ポイント利用で安く買えるからおすすめです。

 

でも、子作りのプレッシャーが苦手な男性っていますよね。
そういう人って、タイミング法で「今日は陽性だからしよう」と露骨に誘うと、ひどく嫌になるっていう人が結構いるんですよね。
女性は子供が欲しいからそういうことをあんまり気にしないで、言ってしまう人もいますが。

 

やっぱり男性の場合は、子作りのプレッシャーがかかると、やりにくいと言いますね。
それが原因で、子作りに協力したくないっていうケースもあります。
それだけに、女性も男性を誘う時には、あんまりタイミング法のことを言わない方が良いっていう意見もありますね。

 

タイミング法で急かされて子作りをさせられるって、やっぱり良い気はしませんよね。
なんだか種馬のような感じで、本当に求められているのかわからない。

 

男性だって、女性のように、デリケートな部分ですから、気遣いっていうのは大事だろうなって思いました。
旦那さんの気持ちを無視してまで行う子作りは、やっぱり不仲の一因になってしまいますね。