排卵検査薬の使い方と使用の注意

 

排卵検査薬を使用するときの注意点としては、不妊治療や流産、また不妊を治療のために薬剤を服用しているときには正確に判定することができない場合があります。

 

分娩や流産や中絶後すぐの場合には、まずは最初の生理が終了してから検査を行うようにしましょう。
排卵検査薬は尿の中に含まれている、黄体形成ホルモンの量を測定します。

 

尿の中の黄体形成ホルモン、つまりLH濃度が変化して判定に影響与えることがないようにしなければなりません。
検査前には過剰に水分を摂取したり多量の発汗を伴うような運動は控える必要があります。
排卵検査薬というのは排卵前のLHサージに対して反応しています。

 

そのため排卵に起こる前から数日間継続して使用し予測します。
仕様のタイミングとしては、一般的には次の整理開始予定日の17日までとなっています。

 

しかし生理周期が不規則なのであれば、直前の生理周期で1番短かった周期を基本として使用開始日を判断していきます。
より効果的に使用するためには、普段から基礎体温をしっかりとチェックして、自分の排卵日を予測をしやすくすることが重要になります。

 

正しい使い方で効率よく排卵日を測定していきましょう。
排卵日を測定すれば、より妊娠をしやすくなりますので、試してみてください。

 

排卵検査薬の使い方は難しい?

 

排卵検査薬の使い方は、決して難しいものではありません。
排卵検査薬に尿をつけるだけですのでとても簡単です。
たったこれだけですが非常に高い精度で排卵日を予想することができます。

 

排卵日を予想することの重要性というのは、実は極めて高いのです。
というのも、卵子というのは排卵されてから3日程度で使えなくなってしまいます。

 

つまり排卵をしてから3日以内に性行為を行うことが何よりも重要になるわけです。
もちろん排卵日に合わせて性行為を行っておけば、排卵されたと同時に精子が受精することができます。

 

排卵日を知らなければ闇雲に性行為をしなければなりませんので、効率よく妊娠をすることができません。
もちろん毎日のように欠かさず性行為をしていれば良いのですが、そのような方はあまり多くはありません。

 

闇雲に性行為を行い、そのタイミングでたまたま排卵されていた、という偶然がなければ受精卵にすることができません。

 

当然ですが受精卵にすることができなければ妊娠をすることができません。
排卵日をほとんど把握していないのであれば一度排卵検査薬を使用してみてください。
また排卵検査薬は1度使用するだけでなく、何度も使用することによって初めてその制度を高くすることができます。

 

 

排卵検査薬を使用している比較サイト

 

親や友達って、普段はすごく良き相談相手になってくれるけど。
妊活で悩んでいた時だけは、何となく相談できない時期がありました。

 

身近な友達や親よりも、ネットで妊活ブログをやっている見知らぬ人の方が、よほど相談しやすかった。
妊活ブログを毎日更新して、排卵検査薬の結果なんかもちゃんと記録してる人を見ると、やっぱり共感を感じてしまいます。
「ああ、この人も一緒なんだな」って。

 

そういう人が、無事に妊娠したっていう報告をすると、自分のことのように嬉しくなるし。
やっぱり自分も希望を持てるようになりました。

 

排卵検査薬で薄い反応が出た時とか、「これってどうなんだろう?」って思ったりすると、やっぱり一人でもやもやしちゃう。

 

そんな時に、やっぱり妊活ブログをしている人の記事を読んでみると、排卵検査薬で薄い反応が出た時の参考になる意見や体験が書かれているので、すごくためになります。

 

親も友達も親身にはなってくれるけど、やっぱり排卵検査薬を使って妊活した経験がないから、私の質問に答えられないし。
やはり、同じように排卵検査薬を使って妊活している人の意見が、どうしても参考になります。
まあ、どうしてもわからないのであれば、病院でのタイミング指導を受けたほうが良いんでしょうけどね。

 

 

排卵検査薬を使うタイミングを計算

 

排卵検査薬を使うタイミングを計算するのって、月経不順の人にとっては、相当難しい!
月経不順の人の場合は、次回の生理予定日が最短で来るケースで計算して20日くらい前から排卵検査薬を試すことが勧められています。
でも、20日前から排卵検査薬を使ったら、1カ月に20本も使うことになる!
これ、国産の排卵検査薬で用意したら、1万円位になってしまう可能性があります。
しかもこの計算は、最短日で次回の生理が来た場合を想定しているので、生理が遅れに遅れて、更に追加でテスターが必要になる可能性があります。
そうなると、国産の排卵検査薬だったらたった1回の妊活に1万円~2万円もかかる可能性が出てきます!
自力のタイミング法でこれだけお金がかかるんですから、病院で卵胞検査を何回もしてもらう方が、もしかしたら安く済む可能性も出てきます。
病院の卵胞検査は、1回の料金が2000円前後しますが、それでも毎日通うわけではありません。
2万円も排卵検査薬に出せるのであれば、病院でしっかり卵胞検査を受けてしまう方が良いと思います。
もしくは、国産の排卵検査薬ではなく、海外製の排卵検査薬を使ったほうが、テスターも沢山あってコスパが良いのでおすすめです。

 

 

排卵検査薬を試すのは生理周期がポイント

 

排卵検査薬って生理周期が安定している人と不安定な人では試すタイミングが違ってきます。
生理周期が安定している人は、生理予定日の2、3日前に試せのが理想です。
しかし、生理周期が乱れている人の場合、次回の生理予定日が全く見当もつかないことから、まずは最短日の生理周期で計算して次回予定日の20日前後から排卵検査薬を使うことが勧められています。
ただ、30代からの妊活っていうのは、結構難しい物があると思います。
というのも、30代の前半だと、自分で排卵検査薬を使って妊活すれば、自然妊娠出来るんじゃないかっていう気持ちがあるからです。
しかし、現実的には、そうやって病院での不妊治療の選択をしなかった人が、30代後半になってから、病院に駆け込んでも、なかなかすぐに妊娠できるとは限らないと言われています。
やはり受け入れる方の病院でも、「なんでもっと早くに来なかったの?」という意見は聞かれます。
早くに病院で治療を進めていれば治ったかもしれない問題も、40過ぎてから、もうどうしようもない状態でやってきては、どうにならないこともあるそうですからね。
30代は微妙に時間に余裕があるため、そうした不妊専門病院での治療をすぐに考えられないんでしょね。

 

 

排卵検査薬で妊娠したい

 

排卵検査薬を使い計算して妊娠しようと考えるのって、大体女性が多いですよね。
ただ、子供が欲しい余りに、男性との温度差があんまりにも激しくなってしまうと、排卵検査薬を使っての計算高い子作りの考え方に嫌気を示す男性も現実にはいます。
夫婦でしっかり、話し合いが出来ていて、協力をしてくれる旦那さんでも、「排卵日だから今日しよう」というような誘われ方をされているうちに、子作りの義務感を感じて行為そのものが嫌になってしまうというケースも見られます。
不妊治療で最も怖いのは、やっぱりセックスレスになってしまうこと。
男性の場合、雰囲気を重視している人も多いので、あんまり露骨に子作りとわかると、勃起も出来ず、射精も出来ず、子作りに協力が出来なくなってしまう可能性があります。
女性も出産にはタイムリミットがあるので、早く子供が欲しいのはわかりますが、男性の気持ちを考えないで、一方的な妊活をしていると、最終的には夫婦仲に大きな亀裂が入ってしまいます。
だからこそ、旦那さんに子作り感を悟られないように、排卵検査薬の結果などについては、知らせないように気を付けている女性も多いです。
セックスレスになってしまうと、妊活はますます困難になってしまいます。

 

 

妊娠と女性の仕事

 

最近の女性は仕事をしている人が多くなりましたので、仕事のことも考え、排卵検査薬を使って計算した上で子作りをしたいっていう人が増えています。
仕事がすごく順調で楽しい時に、妊娠はしたくないですし。
できれば職場の環境にもなれて、産休や育休などを利用して、産後に復帰しやすい環境を整えてから産みたいっていう人は少なくないと思います。
そのためには、やっぱり未計画で産むよりも、しっかり人生計画を計算して排卵検査薬を使って妊娠をコントロールしたいっていう気持ちが出てきます。
「早く仕事を辞めて専業主婦したい」という女性だったら、仕事を辞めることも厭わないでしょうが、やっぱり仕事が楽しくて仕方ない人にとっては、子供と仕事のどっちかを選べと言われたら、すごく迷ってしまうと思います。
特に努力をして、その仕事に就いた人にとっては、仕事を辞めたくない気持ちがすごく強いと思います。
でも、子供だって、生める期間は決まっている。
女性は本当に板挟みで、苦しい思いをしてしまうと思います。
妊娠して一人の体ではなくなってしまうので、それが男性と女性では、大きな違いですよね。
仕事をしながら、余裕をもって育児も出来れば最高なんですけどね。

排卵検査薬の使い方と使用の注意記事一覧

排卵検査薬の正しい使い方妊娠を望んでいるものの、なかなか妊娠できない、高額な医療費を支払って通院していても結果が出ない…そのような方も少なくありません。しかし排卵検査薬を使用することによって驚くほど簡単に妊娠できた、という方はとても多いのです。排卵検査薬というのは妊娠検査薬と非常に似ているのですが、尿をかけてこれからいつ排卵が起こるのかを判断していきます。しかし妊娠の検査とは異なり、排卵がこれから...

排卵検査薬の正しい使い方と葉酸排卵検査薬というのは、黄体ホルモンがどの程度尿の中に出ているのか、ということを調べることによって排卵日を予測する検査薬になります。排卵検査薬で最も濃い線が出てから約36時間以内が特に妊娠しやすい時期といわれています。排卵検査後に積極的に取り入れるべきなのは葉酸です。葉酸は体の細胞分裂を活発にしてくれる栄養分としてよく知られています。妊娠12週までの胎児というのは細胞分...

排卵検査薬は薬局でも買えるけど排卵検査薬は調剤薬局などでも購入することができます。ではこの排卵検査薬というのはどのような仕組みで排卵日を予測することができるのでしょうか。排卵検査薬は尿の中に含まれている黄体形成ホルモンの濃度の上昇をチェックする検査になります。黄体形成ホルモンというのは排卵を促進するホルモンですので、普段から少しずつ分泌されています。しかし、乱視が成熟し排卵される直前になると急激に...

排卵検査薬を薬局で購入するのはどうなの?排卵検査薬を薬局などで購入する、というのも非常にお勧めです。しかし排卵検査薬を使用するまでもなく、基礎体温から排卵日を把握する事はできないのでしょうか。昔から使用されている方法として基礎体温があります。体温を毎日しっかりと欠かさずに同じ時間で測っていると、体温の低温期から高温期に変化していくのが把握できるようになります。低温期から高温期に変化したタイミングで...