MENU

排卵検査薬の正しい使い方

 

妊娠を望んでいるものの、なかなか妊娠できない、高額な医療費を支払って通院していても結果が出ない…

 

そのような方も少なくありません。

 

しかし排卵検査薬を使用することによって驚くほど簡単に妊娠できた、という方はとても多いのです。

 

排卵検査薬というのは妊娠検査薬と非常に似ているのですが、尿をかけてこれからいつ排卵が起こるのかを判断していきます。

 

しかし妊娠の検査とは異なり、排卵がこれから何時間後に起こるのか、といったことを調べるためのものです。

 

そのため陰性反応から陽性反応が出るまで検査をすることで、より確かな排卵日をチェックすることができます。

 

場合によっては排卵検査薬で何度も何度も検査をしなければならない、という必要性も出てくるのです。

 

日本製の使いやすい排卵検査薬のタイプというのは、薬剤師が常に常駐している薬局などでなければ購入することができません。

 

店頭には並んでいないので薬剤師に声をかけなければなりません。

 

そういったことが恥ずかしかったり、なかなか購入する勇気が出ない、という方も多いでしょう。

 

価格という面からもインターネットにおいて販売されている海外製品であれば手軽に大量に購入できます。

 

海外の製品ではありますが決して精度が低いなどという事はありませんので安心して使用してみてください。

 

正しい使い方さえしていればしっかりと効果を発揮してくれるはずです。

 

 

夫婦でも意見が分かれる排卵検査薬を使った妊活

 

結婚してから、子供が欲しくないと思っていた人が、いきなり翻意することがあるんでしょうか?

 

私の友達が、結婚してから、毎日朝に排卵検査薬を使って、妊活しているけど。

 

旦那さんは、今の夫婦二人の生活からレベルを落としたくないので、子供は要らないと言っているようです。

 

排卵検査薬で毎朝チェックしている友達にとっては、なんとか翻意してほしいと、願うばかり。

 

最初は結婚したいから、彼の言うままになっていたけど、やっぱり自分よりも後に結婚した友人たちが続々とママになっていくのを見て、すごく羨ましくなったそうです。

 

それを言うと、旦那さんは、「うちはうち。よろはよそ」と割り切ってしまうようです。

 

確かに旦那さんが言いたいこともわかりますが、やっぱり子供が欲しいっていう友達の気持ちをイマイチわかってくれないようです。

 

そうなってしまうと、やっぱり一人でいつまでも排卵検査薬を毎朝使ってチェックしていても、虚しくなってしまいますよね。

 

排卵検査薬だって、安いわけではありませんし。

 

友達としては、旦那さんに排卵日のことを黙って子作りして、万が一子供が出来れば、「生んでよ」と心変わりすることを期待しているようです。

 

でも、旦那さんも旦那さんで、やっぱり意志は固いようですね。