MENU

排卵検査薬の正しい使い方と葉酸

 

排卵検査薬というのは、黄体ホルモンがどの程度尿の中に出ているのか、ということを調べることによって排卵日を予測する検査薬になります。

 

排卵検査薬で最も濃い線が出てから約36時間以内が特に妊娠しやすい時期といわれています。

 

排卵検査後に積極的に取り入れるべきなのは葉酸です。

 

葉酸は体の細胞分裂を活発にしてくれる栄養分としてよく知られています。

 

妊娠12週までの胎児というのは細胞分裂を目まぐるしく行っていますので、脳や神経系が作られます。

 

この時に正常に細胞分裂を行わなければ、様々な先天性疾患の発症リスクが高くなってしまいます。

 

胎児の脊椎というのは妊娠6週目までに形成されますので、妊娠に気がついてから摂取しているのでは遅い場合が多いのです。

 

また葉酸には悪性貧血を予防する働きもあります。

 

貧血になってしまうと早産や流産といったリスクが高くなってしまいますので、胎児の発育が遅れます。

 

葉酸の摂取というのは厚生労働省においても推奨されていますので、妊娠を望んでいる方、排卵検査薬を使用している方はぜひ積極的に葉酸を摂取するようにしてみてください。

 

そうすれば健康的な赤ちゃんをしっかりと出産できるようになります。

 

是非参考にしてみてください。

 

 

排卵検査薬が一般用医療品へ

排卵検査薬は、これまでは医療用医薬品で、調剤薬局でしか購入できませんでしたね。

 

でも、排卵検査薬が一般用医療品といわれる第一類医薬品になり、ドラッグストアでも簡単に購入できるようになりました。

 

まあ、妊娠検査薬と大して検査方法が変わらないので、妊娠検査薬はOKで排卵検査薬はダメっていうことはないと、前々から思っていましたが。

 

やっぱり、最近は妊活で排卵検査薬を希望している人が多いので、そういう需要も排卵検査薬が第一類医薬品に指定された理由かもしれませんね。

 

私の周りでも、やっぱり晩婚の人は、閉経まで時間がないからって、妊活に励んでいる人がいます。

 

女性の場合は、出産のタイムリミットがありますから、やっぱり早く出産したいっていう気持ちが強いと思います。

 

そこで、手っ取り早く妊娠するためには、やっぱり排卵日に仲良くするのが確実なので、排卵日を知ることが必要になってきます。

 

そんな時に活躍するのが、排卵検査薬で、家庭でも手軽にチェックできるようになれば、それだけ妊娠も効率的に挑戦することが出来ます。

 

やっぱり男性も高齢になってくると、仕事で忙しくて、なかなか夜の営みに協力してくれないことも多いですからね。