MENU

排卵検査薬で朝陽性で夜陰性って?

 

排卵検査薬を使用して、朝陽性で夜陰性ということもあります。

 

そのため、何度か排卵検査薬を使用してみた方が効果的に排卵日を確認することができます。

 

品質重視でコスパも当然重視なのであれば、アメリカ製の排卵検査薬がおすすめです。

 

海外製の排卵検査薬を購入する場合にはなんでも良いというものではありません。

 

いくら安いものでも、偽物であればお金を捨てているようなものです。

 

品質が悪い中国製のものは特に手を出さないようにしましょう。

 

購入する場合には発送ルートなどもチェックしたうえで、中国経由のものには注意してくださいい。

 

どれだけ安心して購入できるアメリカ製の排卵検査薬でも、中国経由の場合には注意しなければなりません。

 

排卵検査薬を海外から購入する場合には、個人輸入代行業者を利用するのがおすすめです。

 

しかし、信頼できる代行業者でなければ安心して購入することはできません。

 

誤訳ばかりの日本語が並んでいる個人輸入代行業者のサイトはおすすめできません。

 

少しでもコストを抑えるためにと購入しているにも関わらず質の低いものを買わされてしまうのでは意味がありませんよね。

 

個人輸入代行業者の大半は良いサイトですが、稀に悪質なサイトもあるので注意してください。

 

 

排卵検査薬の結果は朝夜で違う?

 

え?こんなことあるんでしょうか?

 

起きてから排卵検査薬を試したら朝陽性だったので、これは今日が良いタイミングだと思って夜にもう一度排卵検査薬を試したら夜陰性と出てしまいました。

 

「あれ?!もしかして、もう排卵日過ぎちゃったのかな!?」ってかなり慌てました!

 

後になってからネットでチェックをしたら、朝陽性で夜陰性になるって排卵検査薬では決して珍しいことではないようですが。

 

やっぱりあんまり排卵検査薬を使うことに慣れていないと、朝陽性で夜陰性の逆転現象が起こると、ちょっとびっくりします。

 

でも、卵子の寿命っていうのは実は24時間くらいで、お医者さんによっては6時間~8時間なんて説もあるくらいですから。

 

朝に排卵していたら、その日の夜にはもう寿命・・・っていう可能性もあるってことですよね。

 

そう考えると、排卵検査薬が朝陽性で夜陰性になる理由も何となくわかる気がします。

 

どっちにしても、卵子っていうのは、それほど寿命が長くないので、早く子作りをしないと、タイミングを逃してしまうってことですね。

 

男性が1日でも「疲れている」って、拒否したら、もうそれでその月の子作りは終了になってしまいそうですね。
仕事が忙しい時には、子作りも負担になりそうで難しいですね。