MENU

排卵検査薬を使用して陽性が出たら性行為を

 

排卵検査薬を使用し行政が出たのであれば、今から性行為をするタイミングであるということです。

 

そのタイミングで性行為を行っているにもかかわらず要請が出ないなら不妊治療の検査を受けるべきです。

 

不妊治療スタートするときにはまずは不妊の原因をチェックします。

 

風二重には男性のものと女性のものそして両方に原因がありますので、女性だけでなく男性も検査を受けるようにしてください。

 

検査方法も男性と女性で全く異なり、女性であれば血液中に含まれているホルモンの測定が行われますし、子宮卵管造影などといった検査も行われます。

 

 

男性の場合には精子を採取してよー精子濃度や運動率なども詳しくチェックしていきます。

 

不妊検査は、女性の生理周期に合わせた検査計画を立てていかなければなりませんので、一連の検査が1ヵ月から2ヶ月程度かかることもあります。

 

妊娠を望んでいる場合には不妊治療専門に行う病院やクリニックに置いて検査に取り組んでみてください。

 

普段の生活の中で妊娠の可能性を少しでも高めたい、という方は是非積極的にチャレンジをしてみてはどうでしょうか。

 

排卵検査薬を使用する排卵日予想というのは、妊娠においてとても大きなポイントになります。

 

 

排卵検査薬の結果にドキドキ

 

バツイチ男性と再婚する場合、意外に問題になるのが『子供の問題』。

 

初婚の女性は、子供が欲しいと希望しても、バツイチの男性の場合、既に前妻との間に子供がいて、これ以上の子供を望まないケースがあります。

 

そうなってしまうと、奥さんの子供願望がなかなか叶わないで、ストレスになってしまうこともあります。

 

結婚前は、どうしても結婚したくて、相手の意見に同調するそぶりで、「子供は要らない」と合わせていたけど。

 

実際に結婚して、自分が子供を生めるタイムリミットが近づいてくると、やっぱり産んでおきたいっていう本音が出るケースもあります!

 

そうなった時に、奥さんだけが妊活を頑張っても、なかなか報われなくなってしまうので大変だなって思います。

 

奥さんが一人で排卵検査薬を使い、朝陽性で夜陰性の判定で一喜一憂していても、旦那さんは無関心とかありますからね。

 

子供が欲しくない人からしたら、朝陽性だろうが夜陰性だろうが、そんなの関係ないってことでしょうからね。

 

やはり子供を欲しがっていないパートナーと結婚するのであれば、子供願望が強い人は、覚悟をしないといけないかもしれませんね。

 

妊活の第一関門は、やっぱり夫婦二人でしっかり腹を割って話し合うことだと思いますからね。